山陽 オート レース 結果。 オートレース山陽結果

オートレース山陽結果

前回のGI令和グランドCCが準V、そして今回のGIIは優勝。 (佐藤雄二) 浜松オートの『GIIウィナーズカップ』は4日、第12Rで優勝戦(V賞金160万円)が行われ、木村武之(43)=浜松26期=が速攻を決めてV。 今まで通りに練習と整備をやり続けます」 冷静さを取り戻し、次なる目標を口にした。 地元S級陣はおおむね調子がイマイチ。 「スタートは(佐藤)貴也に出られたけど、うまくインで我慢して展開を作れた」。 血液型B。

>

左矢印

大会、GIIともに初制覇を果たした。 整備の方向性を聞くと、「新走路は回転が短いと駄目だね。 レース序盤の甘ささえ何とかすれば上位着でまとめられている。 次の山陽プレミアムカップ(特別GI、19~23日)でも、やる気、元気、瑞季で真剣勝負します」 川口オートの『GI第44回キューポラ杯』は30日、第12Rで優勝戦(V賞金300万円)が行われ、鋭く追い上げた早川清太郎(38)=伊勢崎29期=が8周1角で先頭に立って快勝。 連続優出へ向けて 「ちぎられた3着でした。 【23日山陽】オートレースちゃんねる サンケイスポーツ• でも、TVの前で歓声を挙げている人はいると思うので。 エンジンは準決勝のままで、評判のいいタイヤに換えた。

>

山陽オート|ネットスタジアム|オートレースオフィシャル

でも、みんなが同じ番号のタイヤを使ってくるだろうから、アドバンテージにはならないかな(苦笑)」 --昨年4月の前回大会では優勝戦で3着。 一人でも喜んでいる人がいれば幸せです」。 便利なiOSアプリも配信しています。 試走一番時計で圧倒的な人気を集めた鈴木圭一郎は、荒尾聡(妨害)とともに落車した。 その前の地元ミッドナイトでも準優勝しており、地元走路の方が現況は結果が残しやすい。 (渡辺寿輔) 浜松オートの『GI開場64周年記念ゴールデンレース』(優勝賞金300万円)は31日、第12Rで優勝戦が行われ、鈴木圭一郎(25)=浜松32期=が速攻を決めてV。 今節は目標だったGI優出ができ、優勝という最高の成績を残せました。

>

オートレース山陽結果

10月18日 , , , , , , , , , , ,• 必ず勝つ気持ちで来ていた。 最後まで(スタートの)練習をして、自信はありました」 この日も8Rの発走前まで練習した成果が出て、スタートタイミングは01。 それでも良くならなければシリンダーを交換しようかな」。 今回はいっぱいのお客さんの中で勝てたのがうれしいです。 2着は永井、3着には若井友和が入った。 トップスタートだったので、ここでチャンスをものにできなかったら、一生取れないと思い、懸命に走りました。

>

オートレース山陽結果

吉原はSG日本選手権では準決まで行けなかったが、ある程度で着をまとめていた。 マシンの状態は 「いいSが切れた。 優勝戦でこんなにスカッと乗れたのは久しぶりです」 雨上がりの不安定走路で、破格の上がりタイム3秒328をマークした。 キューポラ杯は過去に2着が3度あり、悔しい思いをしてきたので、取れてうれしいです。 2016年以来、4年ぶり2度目の大会制覇を果たすとともに、通算11度目のGI優勝を飾った。

>

オートレース グレードレース特集

「こんな状況で前回の覇者で飯塚だし、いろいろなプレッシャーを感じながら走って、そのプレッシャーと戦って勝てたのは意味がある」 精神面の充実が、ここ一番での結果につながったのは間違いない。 あくまで自然体なスタイルは変わらずに、これからも白星を積み重ねる。 大会初制覇を飾るとともに、通算12度目のGII優勝を飾った。 2日目にフライングの勇み足で失権した森且行だが、気落ちすることなく3日目3Rの一般戦で7車抜きを披露して白星をゲット。 また、A級にも動きが活発な選手が多い。 幼少の頃、父に連れられて憧れたオートレーサーへの道。 地元でGIダイヤモンドレースも控えているし、一走一走、いい着が取れるように頑張るだけ」。

>

山陽オートレース予想情報|オートレースならオッズパークオートレース

走路温度が下がってくるこの時期は、試走も30を切るタイムを出したいところ。 SG4度目の優出、それも日本選手権というビッグタイトルを獲得した。 2着は青山周平、3着には松山茂靖が入った。 実力日本一を決める一戦を制した森は、年末のスーパースター王座決定戦(12月27~31日、川口)のトライアル進出も決定した。 機力の上積みに成功して表情も緩む。 GIは7V、GII9V。

>

【レース結果】一般戦|2020年10月10日(土) 山陽 3R|オートレースならオッズパークオートレース

【16日山陽】オートレースちゃんねる サンケイスポーツ• 当たり付けをして交換します。 その後は地元一般開催で補充として2走。 スタートは目いっぱい切った。 【浜松オート・GI秋のスピード王決定戦】新婚・鈴木圭一郎〝大逆転〟で3連覇! 今年ここまで3Vと復調が著しい。 実績におごらず、時代に沿うことを意識。

>