バーチャレクス コンサルティング 株式 会社。 バーチャレクス コンサルティングの転職、採用情報|業界情報|金融、コンサル、ハイクラスの転職支援なら【コトラ】

バーチャレクス・ホールディングス(株)【6193】:株式/株価

各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 またテクノロジーサービスにおいては、CRMプロダクトの導入支援や業務システム開発、IT基盤の運用保守サービスなどを提供。 ・当選本数は一般的で、 普通の当たりやすさの部類に入る。 6倍 (上場時発行済株式数2,865,000株、2016年3月期の純利益253百万円、1株当たり利益88. パズル生成のAIのしくみは大学などの研究テーマにも取り上げられ改良が続いています。 読み取るくんでは、手書き帳票の自動データ化を可能にした。 1.タイムインターメディアの事業と課題について タイムインターメディアは、「ITの高度化による新たなビジネスステージの提供」を理念に、1998年に創業、主に以下の3事業を実施しております。 コールセンターのような重要顧客接点の機動性を向上させ、運営や業務を最適化できるのが強みである。

>

バーチャレクス コンサルティングの転職、採用情報|業界情報|金融、コンサル、ハイクラスの転職支援なら【コトラ】

学校教育など文教事業のICT化のリーディングカンパニーとなるために 国の基本資源は「人」であり「教育」と言えます。 2007年 100%子会社として、ニューズライン・テクノロジー株式会社の株式取得、同12月に社名を「株式会社バージェント」と変更。 さらに学校の要望するどんなソリューションにも対応できる技術力も備えています。 BtoC及びBtoB向けコンタクトセンターの立上げ準備と定着化、及びプロジェクト全体の管理• 2016年 東京証券取引所マザーズ市場へ上場。 同社の経営理念に『「生活者/消費者・企業・働く人が満足する在り方を創造すること」により、消費して満足、働いて満足という好循環の社会づくりに貢献します。 営業力強化支援 営業力強化に向けた、営業管理の改善、営業コンテンツの強化等、各種支援を行う。

>

バーチャレクス・コンサルティング

2017年10月 - バーチャレクス・ホールディングス株式会社から事業の全部を継承し、新設分割により設立。 また2018年には、ジェネシス・ジャパン株式会社と テクノロジーパートナー契約を締結など、他社とのコラボレーションを通じて、日本社会を変革するよう積極的に働きかけている。 さらにこのシステムインテグレーション事業の将来は多様な領域でAIがらみが大きく進展すると予測できます。 プログラム/プロジェクト管理 各事業で行われる取り組みやプロジェクト等の管理・運営・推進を行う。 システム要件定義 システム構築・導入に向けての要件定義を行う。 あるべきコンタクトセンター構想の策定• 2008年12月 - 佐賀フュージョンサービス株式会社の株式取得、子会社化。 アウトソーシング領域の識別・定義と計画策定 業務の特性や効率性の観点から業務整理を行い、外注化に適した範囲の定義と外注化に向けた計画を立案する。

>

バーチャレクス・コンサルティング株式会社との経営統合について

新たなCRM構想の策定から、その実現のための、新CRMシステムの構築、及び新コンタクトセンター立上げに関するプログラム・プロジェクトを管理 CRMコンサルティング領域実績一覧 カスタマーケア& サービス 大手通信キャリア• 株式会社ゼストと合併。 当社は大学、国立高専、高校中心に学校/教育に関するあらゆるシステムをラインナップしクラウドにてリーズナブルに提供しています。 特に学校運営を支援する最新サービスであるIR(Institutional Research)やエンロールメントマネージメントを支援する当社のシステムは大きく注目されています。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 企画段階から実行まで「コンサルティング」 、「アウトソーシング」 、「テクノロジー」を組み合わせて、ワンストップでクライアント様の課題解決を支援する、そんな姿勢が評価されています。 東京都港区六本木に本社移転。 株式会社タイムインターメディア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 孝幸、以下「タイムインターメディア」)はバーチャレクス・コンサルティング株式会社 東証マザーズ:本社:東京都港区、代表取締役社長:丸山 栄樹、以下「バーチャレクス」 に株式譲渡を決め経営統合する運びとなりましたのでお知らせします。

>

バーチャレクス・コンサルティング株式会社の会社概要

MRのあるべき活動のプロセス(担当医師等とのコミュニケーションのステップとサイクル、提供情報や捕捉すべきニーズとそのタイミング、利用ツール等)と、それを下支えするシステムを策定. 2017年にバーチャレクス・ホールディングス株式会社から事業の全部を継承し、新設分割し設立された。 新たなCRM構想策定・実行のプログラム・プロジェクトの管理• 「プライバシーマーク」の認証を取得。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 1999年10月 - 証券会社、先進通信会社等コールセンター運営受託。 コンシューマ向けマーケティング施策の検討• 店舗種類や業務などで分割され、蓄積されたデータが有効に活用できていない現状を踏まえ、センターの統合化とデータ活用の方向性を含むあるべきコンタクトセンター構想を策定 大手PCメーカー• BPS(築地)コールセンター開設。 当該結果を踏まえ、あるべきKPIの再設定とその達成に向けた業務プロセスの再構築、バックオフィスの立上げ等を実施 大手製薬会社• 将来的には持株会社体制へ移行し、両社の成長を加速させるグループ経営を行う体制を検討しております。

>

バーチャレクス コンサルティングの転職、採用情報|業界情報|金融、コンサル、ハイクラスの転職支援なら【コトラ】

しかしながら、特に成熟期を迎えた先進各国においては、机上に留まるだけでは通用しない部分が多々出現するようになりました。 2016年6月 - マザーズ市場へ上場。 株主構成、ロックアップなど 株主名 比率 ロック アップ シンプレクス(株) 49. PMOという立場で、計画フェーズにおいては、統合計画、アプローチを策定し、実行フェーズでは、進捗、課題、品質管理やベンダーとの調整等を実施 官公庁• 進化した新しいコンサルティングを形にしたい。 新サービスのマーケティング戦略の立案• 一般労働者派遣事業許可(許可番号:般-13-010683) 本年は、証券会社、先進通信会社等コールセンター運営受託。 2017年 株式会社タイムインターメディアの株式取得、子会社化。 2017年2月 - 株式会社の株式取得、子会社化。

>