大いなる 西部。 大いなる西部 : 作品情報

『大いなる西部』(1958年) あらすじ&ネタバレ グレゴリー・ペック主演,ジーン・シモンズ出演

1956年) で注目を集め、次作 『ベビイドール』 1956年) での演技でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。 音楽はジェローム・モロス。 次に、マッケイがバックに狙いを定め銃を構えるが、バックは怯えてうずくまってしまう。 卑怯な手段を使ったとは言え、息子を亡くしたヘネシーは、怒りの矛先をテリルに向けて谷に向かう。 ジムは牧童頭の スティーブに案内され、友人の ジュリーの家に 立ち寄っていたパットと再会した。

>

映画 大いなる西部 The Big Country (1958)

「大いなる」というタイトルに実にぴったりでこの映画の出演者は大男揃い。 本当に人間って愚かで、同じ事を繰り返して、それでもやはり生きていく動物なんですね。 所有者の ジュリー・マラゴン(ジーン・シモンズ)は無益な争いを避けるため、どちらの家にも土地を売ろうとしなかった。 概略 が製作も兼ね、西部開拓地の婚約者の元にやってきた東部出身の海の男を演じています。 対立する両家では、圧倒的な迫力で助演賞を受賞した、も出色の名演を見せてくれる。

>

映画『大いなる西部』文字どうり広大な西部が舞台の名作ウエスタンです!!

は、谷でテリルらに攻撃を加える部下を制止し、最後の決着をつけようとします。 少佐は娘の婿にされた乱暴に対して、ハナシーの集落を襲い、息子たちにリンチを加えて復讐した。 それでもマッケイは、ジュリーを連れ帰ろうとするが、ヘネシーは、二人が惹かれ合っていることに気づく。 西部劇の記号として、世界中の人が思い浮かべる風景はモニュメントバレーなら、音楽は本作のテーマ曲だろう それほど有名な曲だ、素晴らしい名曲 本作ではモニュメントバレーは映らない しかし本作で写る風景の岩山の雄大さ。 今はジュリーの腕をとって、ジェームズは新しい我が家ビッグ・マディに、新生活を始めるため馬首を進めた。 TVCM等に出演しながらアクターズズタジオで演技を学んだ。 翌日、牧場に現れたジュリーに、臆病なマッケイを追い出したことを伝えたパットだったが、荒馬を乗りこなした、彼の勇気を知るラモンからその事実を知らされる。

>

大いなる西部 : 作品情報

震災・計画停電等の影響から、上映スケジュールの変更・休止など行っている場合がございます。 その後、テリルらが町に現れたことを知ったバックは身を隠し、マッケイを襲ったの使用人達は、リンチにかけられ制裁を加えられました。 2)予期せぬ出会い パットに再会したマッケイは、彼女の親友で教師ジュリー・マラゴン を紹介され、その後、二人はテリルの農場に向かうのですが、その途中、二人は、テリルと敵対するルーファス・ バール・アイヴス の息子、バック らの嫌がらせに遭いましたが、マッケイは、バックらの仕打ちに耐え、勝気なパットとは違い冷静に対処しました。 パトリシアを密かに愛している牧童頭のスティーブ。 マッケイも否応おうなくその争いに巻き込まれる事になっていく・・・。

>

大いなる西部 : 作品情報

Don't Shoot 1926年• そこにかぶさるあのジェローム・モロスの何とも勇壮で車輪の音との微妙なハーモニーを感じさせる意表をついたとさえ言えるテーマ曲。 そこに東部エスタブリシュメントの紳士ジェームズ(グレゴリー・ペック)が登場して、暴力による解決方法にアンチテーゼを示して行くのです。 そして、バックは手下の銃を奪おうとするが、父ヘネシーに撃ち殺されてしまう。 そして、中立の立場で誰にでも水を与え、自分でこの地に牧場を経営したいと申し出た。 主演は「ローマの休日」のグレゴリー・ペック。 相変わらずの黙して語らずの男。 ワイラー監督はペックとの共同製作者にもなったが、2人は撮影中に衝突し、3年後に和解するまでは絶縁状態に なっていたという。

>

大いなる西部

一方血気にはやるパットと父の大佐には、慎重なジェームズの態度が不満だった。 途中、酒に酔ったヘネシー家の息子パックたちに、喧嘩を仕掛けられた。 1926年• 銃撃戦の結末は都合が良すぎるようにも感じて個人的にはそんなうまくいかないだろうと思ってしまい評価にマイナスなのだが、それも西部劇のお約束なので仕方ない。 パトリシアの友人で女教師のジュリーは、争いの根源となっている水源を所有している女性でこの映画のキーパーソンの1人です。 その理由は、見てのお楽しみです。 テリルの牧場の牧童頭スティーヴ・リーチ は、マッケイを迎えに来る。 ジュリーはマッケイの身を案じますが、彼は決闘に挑みます。

>

大いなる西部

1958年製作/165分/アメリカ 原題:The Big Country 配給:松竹=ユナイテッド・アーチスツ ストーリー 1870年代のテキサス州サンラファエルに、東部から1人の紳士ジェームズ・マッケイ(グレゴリー・ペック)が、有力者テリル少佐の1人娘パット(キャロル・ベイカー)と結婚するためにやってきた。 西部劇の中では、もちろん本作はA級ではあるが、自分を含め、作品への思い入れがある者にとっては、いささか物足りなさも感じる作品でもある。 チャールトン・ヘストン・・・子供の頃から、この人はいつも主役のイメージがありました。 テキサス大平原の荒野を疾駆する駅馬車。 数々の名場面。 ベイカーを挟んだペックと牧童頭チャールトン・ヘストンの恋敵。

>

大いなる西部

とにかく、オープニングのシーンとテーマ音楽だけでノックアウトされます。 パットは、西部に肌が合いそうもないマッケイが、東部に戻るのではないかと心配するが、テリルは、彼を西部の男にしてみせることを約束して娘を安心させる。 テリル牧場の男たちは夜通しでジムの捜索に駆り出されていた。 バックもそれに気づき、彼とマッケイは決闘で決着をつけることになる。 ジュリーと土地を見て回ったマッケイは、水場に向かい、土地をどちらかに売れば、血みどろの闘いが始まると考え、安易に結論は出せずにいることを、思慮深い彼女から聞かされる。

>