ご 鞭撻 と は。 今さら聞けない「ご指導ご鞭撻」の正しい意味や使い方とは? 使える相手やそのときの注意点、言い換え表現・類語もまとめてご紹介

「ご指導ご鞭撻」の意味・使い方と例文・言い換え表現

普段会話では用いない語句だからこそ、気持ちを込めてしたためるのもすてきなことでしょう。 また今の時期では新入社員が目上の人や顧客等に、ご挨拶で使用する事も多いでしょう。 きっと、あなたなら出来ます!• 「ご指導ご鞭撻」を使って、教えてもったことに対しお礼をしたい場合は「感謝申し上げます」や、「お礼申し上げます」と合わせて使用した方が丁寧と言えるでしょう。 「ご指導ご鞭撻のほど」を正しく使って素敵な社会人になろう! 如何でしたか?日常では使用する事の少ない「ご指導ご鞭撻のほど」ですが、社会人としては使用する機会も多い言葉です。 「伝授」は秘事や奥義、「教導」は理念や宗教思想などに基づいて教え導く事を指します。 ビジネスシーンで使う言葉というよりは式典や公の場所で使う機会が多いので是非、頭に入れておきましょう!. また、言葉を分解して「お・ご」の使い方にも触れてみました。

>

「ご指導ご鞭撻」の意味とは?ビジネスで使える類語と言い換えも

この場合はご指導ご鞭撻ではなく、「ご指摘ください」や「お申し付けください」などと表現します。 場合によっては類語や言い回し方を変えて使いましょう。 では、どのような意味合いを持つ言葉なのでしょうか。 「鞭撻」は「強くいましめ励ますこと」という意味です。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 自分や自分の身内に対して相手の指導を敬って表現する言葉なので「ご指導お願い致します」等より、より丁寧な言い回しになります。

>

「ご鞭撻」とは?意味や使い方を解説します!

「指南(名詞)」は「教え導く」という意味を持っていて、尊敬語の接頭語「ご」が付くことによって、尊敬語や丁寧語として使われます。 今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 パソコン年賀状 の作り方2• TOP画像/ c Shutterstock. 【NG例文(1)】 ・ご依頼頂いた見積書を送付いたします。 メールや文書のやりとり、スピーチなどで使われる言葉です。 鼓舞激励• 未熟者の二人ではございますが、今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。 年賀状アプリ• 例文は次のようになります。 必ず「のほど」・「今後とも」・「ご指導」や「賜り」といった言葉を加えて表現します。

>

「ご指導ご鞭撻のほど」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

サポートいただけると幸いです) 最後に いかがでしたでしょうか? 「ご指導ご鞭撻」は、目上の人や取引先に対し、これからも変わらぬお付き合いをお願いしますという前向きな意味をこめたフレーズになります。 ただ、「ご指導ご鞭撻」には謝罪の意味は含まれていないため、謝罪文の後に「これからもよろしくお願いします」という意味を込めて「ご指導ご鞭撻」を使ってください。 もちろん、友達関係で「ご鞭撻ください」というと友達も驚くでしょう。 『ご指導ご鞭撻』の前には、『今後とも』『これからも』『なにとぞ』と付け加えます。 ただし、言葉選びによっては『細かいニュアンス』が異なるため、違いについても正しく知っておく必要があります。

>

「ご指導ご鞭撻」とは?会話やメールでの使い方・例文・言い換え・英語表現を解説

時候の挨拶• 尊敬語・謙譲語・丁寧語が何かわからないといった方にもおすすめです。 本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。 使い方としては、主にビジネスメールなどで「ご鞭撻のほとよろしくお願いします」と結びに使われるのが一般的。 ドライバーの仕事情報を探す ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!. 暑中見舞い お役立ち情報• 「ご指導ご鞭撻」には 「【今後とも】よろしくお願いします」というこれからも関係性が続く意味をもつため、「ありがとうございました」と過去形にするのは違和感があります。 注意点3:親戚や同僚など。 「ご鞭撻」は、尊敬語の接頭語「ご」と名詞の「鞭達」が一緒になって、「どんなに厳しくても(鞭で打たれるくらい)構いませんので、よろしくお導引きをお願いします」という意味を表した言葉です。

>

「ご鞭撻」とは?意味や使い方を解説します!

まとめ 「ご指導ご鞭撻」は目上の相手へ指導を願う意味を持つ言葉で、ビジネスシーンでは「これからもよろしく」という意味でも使われます。 ・至らぬ点もあるかと存じますが、今後ともご支援ご鞭撻のを賜りますようお願い申し上げます。 お教え導く などがあります。 恭賀新年 昨年中は格別のご用命を賜り厚く御礼申し上げます。 例文:どうせやるからには、この道のエキスパートを目指すつもりですので、手加減なく「ご指南」いただけますよう、お願い申し上げます。 旧年中はひとかたならぬご厚誼を賜りまして、大変ありがとうございました。

>