なす 栽培。 ナスの栽培方法、剪定・プランター栽培のコツも [家庭菜園] All About

ナスの植え方・育て方に秘密あり!!

購入時期に合わせて急いで畑を用意したり、時期が早いのに植えつけたりするようなことはやめましょう。 最近はプロの現場でも農薬散布より天敵利用を重視することが増え、研究も進んでいます。 ナスは肥料食いと言われる野菜で肥料切れを良く起こします。 スポンジを湿らせた後に、切り込みを入れた中心に種をのせる• 水が足りなくなると、皮が硬くなってしまったり、ひび割れが生じてしまったりしてしまいます。 苗選びのポイント• ナスの栽培方法 移植栽培と直まき栽培があります。

>

【ナスの水耕栽培】育て方などの注意点・栄養など|TOKILABO

堆肥と 苦土石灰加と 化成肥料を加えてよく混ぜてあげてください。 肥料として、鶏ふんやボカシ肥料、そして、支柱となる竹の棒などを準備しておきます。 収穫期 5月下旬~10月中旬• ただし、前の年に使った用土ではなく、新しい土を使うと育成・収穫が良くなります。 温度をキープするのに、ホットマットや加温器などを利用してもよいでしょう。 そのため、ナスの収穫は 脇芽の根元で枝ごと切り取ります。 直径が約10cmと大型になります。

>

ナス(茄子)の育て方は?

収穫 品種によって異なりますが、収穫のタイミングは長卵形品種の場合、開花から20〜25日後、重さ80〜120グラム、長さ12〜15センチメートルが目安です。 苗を逆さまにして、ポットから取り出し苗を植えます。 ナスの追肥の時期(追肥のタイミング)と与える量を解説します。 ・鉢・プランター栽培で土を自作する場合 赤玉土 40~60% 水と肥料の保持力が良く、水はけもいい土です。 もしくは畝の脇を黒マルチでマルチングして、畝の上部はワラを用いるというやり方もあります。

>

なす【鉢植え】

土壌適応性も高くプランターでも露地栽培でも上手に育てられます。 日本では紫色または黒紫色の物がほとんどですが、ヨーロッパやアメリカでは白、黄緑、明るい紫、縞模様といった品種もあります。 この時期、地植えの場合、晴れの日は必ず朝に水を与えるくらいにします。 ナスはキュウリやミニトマトと並んで果菜類の中でも需要の高い果菜類。 また、液体肥料を与える場合は、規定通りに薄めたものを1週間に1回、水代わりに与えてあげるようにするとよいようです。 収穫は早朝に行うのが良いです。

>

ナス栽培のポイント

スポンサーリンク 苗植える場所 茄子の苗を植える場所を考えるときに、まず第一に日当たりを考えましょう。 畑の準備 堆肥やEM生ゴミ堆肥は、なるべく前年秋から冬の間に植付け畝下に溝施用(深さ30cm)しておきます。 小ナス 大きく育つ前に早摂りした小ぶりのナスの総称です。 プランターは仮の支柱ではなく初めからしっかりと組むことをお勧めします。 小さなスペースでも栽培が楽しめるのは、水耕栽培の大きなメリットの1つです。 その後は梅雨に入ることもあり、 雨の日が多ければ水やりの頻度は各段に下がります。 直径が10~15cmくらいと大きくソフトボールのような形をしているます。

>

秋ナスの準備 ~8月になったらすぐに「切り戻し」と「根切り」をして、秋ナスを収穫しよう!

高畝栽培では水はけが良いため土壌が乾燥気味になります。 畝立て• 夏場に食べるとのぼせを防ぐことができると言われるのはこのためですね。 脇芽に一つならせて収穫すると、また同じ場所から脇芽が伸びてくるので、同様に枝ごと収穫します。 昔は減反もなく、畑が今より少ない面積だったため、苗を密に植えていましたが、今は沢山植える場所があるので、連作障害を防ぐのと収量を増やすために植える間隔を広くしています。 少々値段は高くなりますが苗を買うときは、病気などにも強く連作障害の出にくい接木苗をお勧めします。 ナスは炒め物やお浸し、漬物や麻婆ナスなど、いろいろな料理に使うことができ料理の幅を広げてくれます。

>