オクラ 密植 栽培。 オクラ栽培は密植栽培がおすすめ!

超密植!7本のオクラ侍のその後。

大莢になってもやわらかくスジが入りにくく肉厚で食味が良い。 暫くは葉っぱを自ら落としたりすると思うけれど、生長点が死んでいなければ大丈夫だと思いますよー。 細いもありますが、構わず育てていきます。 1本仕立てにすると茎は太くなりますが場所をとり、実もすぐ堅くなりやすいです。 また、オクラは本葉が4,5枚になってくるとどんどん成長していくので、草丈が30㎝程になったら支柱を立てます。

>

オクラの育て方!種まき時期・苗作り・わき芽・支柱・水やりのコツと密植栽培の仕方を紹介

不思議なことにきゅうりならその高さでも苦にならず平気です。 その後、本葉が5~6枚の頃、元気の苗を残し、1本立てにする。 後は、そのまま育てていけばOKです。 本植えはどんどん生育して大きくなり茎も太くなりますが、莢も同じように早く硬くなってしまいます。 栽培のスタート:タネ・苗• 樹が混みあうので獲り遅れに注意しながら栽培してください。 作付けした畑には1年以上空けずに作付けすると病気が発生しやすくなります。 土作りや連作障害について• そちらは実際の畑の様子も載せておりますので ご興味ありましたらそちらもご覧ください。

>

オクラ

どうしたら節間狭く、背を低く育てられますか? 肥料のあげすぎなんでしょうか?成長はやくどんどんできるので肥料切れを起こさないか心配なんですが、タイミングみたいなものはありますか。 植えつけから収穫までの期間 1. そして、2回目の追肥の時期は、株が倒れないようい支柱を立てる時期でもあります。 そして食味。 水耕に適応した、白い根っこがビロ〜ンと伸びてくれば、一安心だと思うの。 オクラは気温が上がった頃に種を直播きするので、用土が乾燥しないようにたっぷりと水やりを行いましょう。

>

オクラ

畝に2列ずつ、株と株の間が15~20cmになるように植え穴を開けます。 果皮色は濃緑色、果形はやや細身の五角形となる。 <レッドサン> 莢色が鮮やかな赤紫色の五角オクラ。 発芽したあと(苗なら植えたあと)1ヶ月後ぐらいから花が咲き出します。 オクラは気温が低い時に種を撒くと途中で枯れてしまいます。

>

オクラの育て方!種まき時期・苗作り・わき芽・支柱・水やりのコツと密植栽培の仕方を紹介

丈夫で土壌の乾燥や多湿に強く栽培が容易で初心者向け。 花のついたところの下の葉を順番に落として、実を収穫していくという流れですね。 栽培管理によっては、かなり収穫時期が変わってきます。 サヤの形は五角が市場では主流ですが、丸や八角もあります。 実より下の葉やわき芽はすべて摘み取ってあげるのが正解です。 今回は、そんなオクラの栽培について少し書きたいと思います。 密植栽培の方が、柔らかくおいしいオクラが収穫できます。

>

タキイのオクラ栽培マニュアル | 野菜栽培マニュアル | 調べる | タキイ種苗株式会社

丈が伸びてきたら周りに 支柱をたて、ひもなどで囲ってあげると倒伏を防ぐことができます。 肥料を追加するタイミングは、2回あります。 オクラは雄雌同花なので受粉も必要ないので、蕾が完全に落ちてしまわない限り、実を付けてくれます。 収穫・・・収穫時期は6月中旬~9月中旬で、6~7cmほどの大きさで収穫する。 幅60~70cm、高さ15cmの畝を作り、黒マルチをかぶせておく。 種まき期:4月中旬~5月• 味は淡白で、オクラの実と同じように粘り気があり、ポン酢、しょうゆ、塩、 ドレッシングなどであえて食べると美味しいです。 温暖な気候でオクラ生産に適している地域と言えますので、この数字はいろいろ思うところありますね。

>

オクラ

支柱と茎の節とを結んでやります。 肥料が少ないと生長速度が遅くなって、花も咲きにくくなってしまうので、肥料はたっぷりとお願いします。 収穫サイズが10㎝~15㎝と少し長くなっており、口当たりは柔らかくなっています。 「花オクラ」と呼ばれるものは、同じアオイ科のトロロアオイのことです。 果色は鮮緑色で莢の曲がりやイボ果は少ない。 カメムシにより実を吸われたり、肥料不足による樹勢低下が原因として考えられます。

>