Who 辞任。 WHO拠出金、条件は「テドロス氏の辞任」 米共和党議員団が提言 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

「WHOは中国保健機関」批判も…事務局長辞任望む署名54万人 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

新型コロナの感染が世界規模で広がった責任の一端がテドロス氏にあると非難した。 今月11日のパンデミック(世界的な大流行)表明についても、数日前までは「制御不能と認めたわけではない」と消極的だった。 同議員団は、「テドロス事務局長のWHO指導者としての能力への信頼を失った」「2020会計年度にWHOへの任意拠出金を出すならば、テドロス事務局長の辞任を条件とするよう提言する」と述べた。 当初は「国際的な移動や貿易を不必要に阻害する対策は取るべきではない」と語っていたが、今はロックダウン(都市封鎖)などについて「それだけでは流行を終わらせることはできない」として、より積極的な措置を各国に求めている。 さらに、テドロス事務局長が「客観的な調査や評価をせずに、中国政府から報告されている死亡者数と感染者数を鵜呑みにしている」として、「WHOは政治的に中立な立場だと信じていたのに、失望している」とつづった。 今後数カ月間で次の事務局長選挙を行い、後任に課題を引き継ぐとした。

>

新型肺炎めぐりWHO事務局長の辞任要求が活発化、30万人超が署名

「テドロス氏が事態をあまりにも過少評価していたことが感染拡大を防げなった原因の一つであるのは明確」と非難した。 世界貿易機関(WTO)は14日、アゼベド事務局長が今年8月末に辞任すると発表した。 であるWHOだけの責任ではありませんが、対応が甘かったことは確かであり、テドロス事務局長は、史上最悪の事務局長として歴史に名前が残るでしょう。 WHOは世界中の国が参加していますので、各国の要望や意図に左右されず、中立な立場で業務を遂行する必要があります。 署名サイトでは25日までに、賛同者が50万人を超えた。 テドロス氏は1月末、その約1週間前に見送っていた「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。

>

WTO事務局長、任期1年残し辞任へ 機能不全に拍車も:朝日新聞デジタル

保護主義を強める米国に翻弄(ほんろう)され、機能不全に陥った紛争処理手続きなどの立て直しに行き詰まった。 政治として利用されてきた側面もあるWHOにメスが入りそうです。 同氏は「新リーダーのもとでコロナに対応」などと語っていたが、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長の辞任と勘違いしたネット民が多数いたらしく「思わず歓喜したのに…」「今はそっちじゃないだろ」との投稿が多数上がった。 また世界で1番WHOに資金提供を行っているカが、資金提供を停止しています。 サイトの発起人は「あまりにも新型コロナウイルス(の脅威)を過小評価していた」と見通しの甘さを批判している。 サイトの発起人は「あまりにも新型コロナウイルス(の脅威)を過小評価していた」と見通しの甘さを批判している。

>

「WHOは中国保健機関」「あまりにも新型コロナ過小評価」事務局長の辞任望む声広がる : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

そうなると何かしらワイロや便宜を図った見返りが出てこないとも限りません。 識者からは日本も米国と歩調を合わせて資金を停止すべきだとの強硬論も出ている。 アゼベド氏は事態を掌握しきれず、苦しい立場に追い込まれていた。 新型コロナの感染が世界規模で広がった責任の一端がテドロス氏にあると非難した。 では、なぜ辞任しないのでしょうか?• また、発起人は「WHOは政治的に中立であると考えられている」とした上で「テドロス氏は調査なしで、中国政府が提供した(新型肺炎の)死者数と感染者数のみを信じている」と指摘。

>

WHO事務局長の辞任要求 ネット上で署名50万人超

さらに、「急速な感染拡大と新型コロナウイルスの人から人への感染に関する明らかな証拠があったにもかかわらず」、パンデミック宣言を遅らせたと非難した。 集まった署名は今後、国連とWHOに提出されるということですが、テドロス事務局長はこうした批判に対し、「WHOは当初から迅速に、そして断固として行動してきた」と述べ、適切に対応してきたと一貫して強く反論しています。 テドロス事務局長は、2017年7月1日に就任していることから任期は、2022年6月30日までとなります。 その後も「渡航や貿易を不用意に妨げる必要はない」「パンデミックではない」といった発言や、中国への過大な評価や配慮が目立ち、物議を醸しています。 感染は日を追うごとに拡大し、多くの国が渡航制限などに踏み切っているのが現状だ。 非常に強い憤りを覚える」として緊急事態を世界に呼びかけるのが遅すぎたと批判しています。 WHOの事務局長とは? WHOの事務局長は、1期5年で2期10年間出来るようです。

>

WHO事務局長の辞任要求 ネット上で署名50万人超

テドロス氏は1月末、その約1週間前に見送っていた「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。 このサイトは「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」。 ドナルド・トランプ大統領の拠出停止の決定について「完全に適切だ。 感染者がみられる中国や韓国、日本からの報告を受けたうえで、人から人への感染の範囲は明確ではない。 2017年にWHO(世界保健機関)の事務局長に就任したテドロス・アダノム・ゲブレイェソス氏。 署名サイト「change. org(チェンジ・ドット・オーグ)」にテドロス氏の辞任を求める呼びかけが掲載され、100万人を超える署名が集められています。

>

WHOのテドロス事務局長は、なぜ辞任しない?

【ジュネーブ=板東和正】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長の辞任を要求する署名活動がインターネット上で活発化している。 このようにWHOの事務局長は、必ずしもWHO出身者でなくてもなることが出来ます。 米国発の署名サイト「Change.org」で署名活動が行われており、賛同者は7日時点で30万人を超えている。 汚名を負ったままでは辞任できない? テドロス事務局長は、WHOへの拠出金停止を発表したトランプ米国大統領に対しては、コロナウィスルを政治問題化しているとの批判めいた発言を行っています。 その後、マスク着用率が高い国は、感染率が低いようだという観察研究の結果が増えてくると、マスク着用が奨励されました。 当初は「国際的な移動や貿易を不必要に阻害する対策は取るべきではない」と語っていたが、今はロックダウン(都市封鎖)などについて「それだけでは流行を終わらせることはできない」として、より積極的な措置を各国に求めている。

>