護衛艦 衝突。 護衛艦しまかぜと中国漁船衝突の原因は?海上民兵による故意の追突なのか

MBCニュース

コンテナ船の動きに気付き エンジンを停止したが、間に合わず衝突した。 2013年2月1日, at the. B指定海難関係人は,04時06分わずか過ぎ信号員が「漁船近いなぁ,近い,近い,近い。 なお、3時58分頃にOPA-6E画面上右約65度に確認していた目標については、このとき030度付近にレーダー及び目視で確認しており、距離は3,000ヤード以上であった。 3トン,FRP製漁船)及び清徳丸から成る漁船群の掲げる白灯のうち3個を初めて認め,その灯火の水面上高さなどからこれらを小型船のものと判断し,また,16海里レンジとしたOPA-6Eで測的を行ったところ,これらが十数ノットの速力で南西方に航走していたにもかかわらず,遠距離で対象物が小さくその映像が安定していなかったこと,レーダーの調節が適切でなかったこと,あるいは十分な時間をかけて継続的に測的を行わなかったことなどから,測的の結果が速力約1ノットと表示されたので,同白灯を操業中の漁船群のものと憶断し,次直へ引き継ぐ必要がないと思い,漁船群の測的を中止して千葉県洲崎沖や東京都伊豆大島付近の航行船舶の状況をOPA-6Eで確認したのち,03時45分ごろ艦橋中央部に戻り,目視による見張りを行いながら続航した。 関連付けて報じられることがあった。 では現代の軍艦は戦争を想定しているのに、なぜこんなに防御力が低そうなのでしょうか?? ミサイル戦の現代では艦が頑丈でも意味は無い 対艦ミサイル攻撃を受け、炎上するイギリスの軍艦 その答えは戦い方の変化にあります。

>

防衛省・自衛隊:護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故について

、2番艦「」の就役にともない除籍。 海保が追い越しコースを【指示】=海自護衛艦衝突のコンテナ船に-7管(時事通信) 第7管区海上保安本部は28日、コンテナ船が前方の船を追い抜く際、同本部の関門海峡海上交通センターが「左側を追い抜いてください」と情報提供したことを明らかにした。 そのため左に急旋回し、前方から航行してきたくらまに 衝突した。 36年の艦歴において自衛隊観艦式では、観閲艦を4回務め、総航海時間は78,772時間、総着艦回数は51,300回、地球約43. , PDF , 護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故に関する懲戒処分等について 防衛省 , 2009年5月22日 , 2016年5月8日閲覧。 (エ) 4時頃、艦長は、自然に目を覚まし、艦橋に移動するかどうか2分から3分座って考えていたところで汽笛が鳴り、間もなく「右艦首、漁船と衝突」との艦内放送を聞いて、4時8分頃艦橋に移動、状況を確認し、以後救助作業等全般の指揮を執った。 第2直OPA-3F員は、第2直OPA-6E員からの情報を受け、OPA-3Fで当該目標を探知し、見張り通信系で艦橋の第2直右見張り員に「005度、5,000ヤードに何かいないか。

>

海自護衛艦「しまかぜ」衝突事故 自衛官を書類送検(MBC南日本放送)

艦艇開発。 2月19日から3月2日までの間,海上保安庁の延べ52隻の巡視船艇,41機の航空機及び特殊救難隊員36人,2月19日から3月19日までの間,海上自衛隊の延べ90隻の艦艇,190機の航空機,2月19日,同20日,同22日の3日間,清徳丸僚船の延べ216隻,その他水産庁や千葉県の漁業取締船等がそれぞれ捜索にあたり,また,独立行政法人海洋研究開発機構が保有する海洋調査船による海底探査が実施された。 もしそれが有事の際ならともかく、平時のテロは問題です。 [ ]• その上で独自に航跡を推定し「回避義務は清徳丸側にあり、あたご側に回避義務はなかった以上、Aの注意義務は認められず、それを前提としていたBの注意義務も生じない」としてAとB両名に無罪判決を下した。 刑事裁判は、第一審・第二審ともにあたご側に無罪判決が下った後、検察側が上告を行わなかったことから2013年6月26日付をもって終息した。 からの間、護衛艦「」、「」とともに米国派遣訓練に参加。 6ノットの速力(対地速力,以下同じ。

>

鹿児島ニュースKTS Kagoshima Television for Smile

訓練査閲後、隊司令は、艦長に指摘事項の詳細を説明し、改善を図るよう指示した。 『 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)• CIC第2直先任者は、申し継ぎの際、OPA-3Fの画面で危険な目標がないことを確認した。 その内容は、以下のとおりである。 海上自衛隊は、事故の重大性にかんがみ、同日、事故の原因を究明し事故の再発防止に万全を期するため、海上幕僚副長を委員長とし、海上幕僚監部監察官と47名の専門委員から成る海上自衛隊艦船事故調査委員会(以下「事故調査委員会」という。 22:54• 9キロ)を航海した。

>

MBCニュース

(平成20年)、第三管区海上保安本部は当直士官2人を業務上過失致死と業務上過失往来危険でした。 2 東シナ海の排他的経済水域及び大陸棚は境界が未画定であり,日本は日中中間線を基にした境界画定を行うべきであるとの立場である。 」と第2直当直士官に報告し、第2直当直士官は了解した。 2 事故発生日時、場所及び天候等 (1)日 時 平成20年2月19日(火)4時7分少し前 (2)場 所 千葉県野島埼南方海域 北緯34度31.5分、東経139度48.6分(野島埼灯台の南約42km) (3)天候等 天気:晴、風:北東5ノット(約2.5m/秒)、海上模様:平穏 視程:18km、気温:8度 3 事故の状況 (1)事故艦船の就役訓練等の概要 「あたご」は、平成19年3月15日(木)に就役し、同年3月27日(火)から4月27日(金)の間、乗員が自艦に慣熟するため、機器の操法等を中心とする慣熟訓練を実施した。 b 3時52分頃、第2直信号当直員A(以下「第2直信号員A」という。

>

日本の護衛艦と中国漁船の衝突、注目に値する3つのこと―中国メディア|レコードチャイナ

)は、第1直信号員と申し継ぎを行い、3時53分頃から立直した。 第2直当直士官は、雨も降っていないのに見張り員が艦橋内にいることに違和感を持ち、当直交代後に見張り員をウィングに出すよう指示するつもりであったがその後失念し、第2直においても見張り員は引き続き艦橋内で立直していた。 11:55 バイキングMORE• g 3時59分少し前、第2直信号員Aは、OPA-6E画面の確認を行い、3隻分のシンボルが表示されていることを確認した。 あたごの艦首右側に、事故による傷跡が確認された。 (イ) 第2直(事故当日の4時から事故発生までの間に立直) a 第2直当直士官は、「護衛艦「あたご」航行指針について」(あたご艦橋命令(甲)第19-4-01号。 4時7分頃 - 両船舶が衝突、清徳丸が沈没• 17 防大11期 たちかぜ艦長 艦長 就任時2等海佐 1995. なお、中国漁船側の過失については、「公海上で外国船に対する捜査権はない」としています。

>

海自護衛艦「しまかぜ」、屋久島沖で中国漁船と衝突:朝日新聞デジタル

ところが21世紀の海戦は違います。 検察側は「Bの誤った申し送りを信じ、Aも適切な回避動作をとらなかった」と主張。 、佐世保港においてボイラー爆発事故を起こしている。 なお、変針は自動操舵のまま行った。 7管はこれまで「管制官の助言が事故の一因になったことは否定しない」としながらも「追い越しの判断の責任は船長にある」との見解を示してきた。 また、地裁判決後の(平成23年)5月12日、は社説でイージス艦が漁船より巨大であることを理由に「危険回避の責任はまず、海自にあると考えるのが自然だろう」とした 現実にはそのようなルールは存在しない。

>

鹿児島ニュースKTS Kagoshima Television for Smile

つまり現代では重厚な装甲をみにまとっても、あまり意味がないのです。 」と回答した。 からにかけて「やまぎり」、「」とともに外洋練習航海に参加。 03時00分清徳丸は,野島埼灯台から147度10. 産経新聞2014年5月23日• また、第2直信号員Aも同時刻に同じ目標を双眼鏡で視認し、最も近い位置にいた目標の方位・距離を右70度約1,000mと認識したが、引き続き方位が落ちていたので、危険を感じていなかった。 C指定海難関係人の所為は,本件発生の原因とならない。 からの間、護衛艦「」、「」とともに米国派遣訓練に参加。 事故調査委員会は、「あたご」の乗員等からの聴取、艦内の諸記録の確認作業等の調査に基づき、調査結果を取りまとめ、衝突に至る「あたご」の行動経過、衝突に至った原因等を明らかにし、「清徳丸」の行動については、同船の航跡記録が破損し入手不能のため、「清徳丸」を視認した「あたご」乗員の証言、海難審判における理事官の論告、補佐人の陳述及び裁決等に基づき記述するとともに、再発防止に関する意見等を提示した。

>