石正麗 亡命。 新型コロナで注目の“コウモリ女”が「中国から機密文書を持ち出して米国に亡命」情報の真偽(西岡省二)

新型コロナの危険察知の“コウモリ女”の口を封じた17歳下“美人”上司(西岡省二)

一方、中国政府系メディアは、中国共産党への非難を強めているバノン氏に対して攻撃を始めている。 当初ネット上で飛び交った噂では、この石正麗が数千件の証拠書類と家族と共に在フランスの米国大使館に亡命申請したというものでした。 いろいろな情報が錯そうしている状態です。 (政権崩壊後に)中国国民は一時期、苦しい生活を送らなければならないが、その後経済は回復するだろう」と語った。 証拠を見た」って言ってましたね。 その内容が衝撃的です。 ポンペオ米国務長官は5月3日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)が武漢ウイルス研究所から発生したとし、「かなりの証拠がある」と述べた。

>

【顔画像】石正麗のwikiプロフィール経歴!フランス亡命の理由は?

3、孫力軍が石氏のフランスへの脱出を手助けしたから逮捕されたとの噂。 以下が元記事。 そうでなければこんなに高いリスクを背負って亡命しないはずです。 これが真実ならば、亡命の必要もないでしょうし、死刑になることもないでしょう。 アメリカのトランプ大統領が武漢ウイルス研究所からウイルスがもれたのではと指摘していました。 また、武漢ウイルス研究所の研究者による暴露を望んでいない」 ただ、バノン氏は蕭茗氏の「米政府は中国共産党政権の崩壊に備えているか」との質問について、「これは米国の政治家ではなく、米国民が決めることだ」と強調した。 — ヴィズマーラ恵子🇮🇹 vismoglie 武漢P4実験室で、コロナウイルスを研究していた石正麗。

>

平塚正幸の活動を5年間見続けている阿佐ヶ谷グルトン店主

実は当時、中国のACE2編集技術はまだ力不足だったので、石正麗研究員がACE2編集技術の本場である、アメリカの北カロライナ州の医学チームと提携しました。 Twitter上で今それが話題になっています。 その 証拠もあるとしているが 証拠は出せないとしている。 研究所のホームページは即日、当該研究員名義で「事実ではない」とする声明を出すほどの神経の使い方だった。 その翌日には、実在する武漢ウイルス研究所の研究員が中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」上で身分証番号を明らかにしたうえで王延軼氏を誹謗中傷する文章を公開した。 石正麗さんはこれまで論文や講演で 『野生動物の商取引を規制するという具合にその危険性に注意が払われなければ、彼女のチームがコウモリの体内で発見してきた各種コロナウイルスが、SARSと同じように猛威を振るうことになる』 と絶えず警告。

>

亡命せざるを得ない事態とは|RECOLETA|note

武漢研究所亡命者は石正麗氏ではなく上のポストの人か。 開発者だとしたら、一番の対応策知ってると思いますし。 石正麗研究員は2019-nCoVの原始コロナウイルスを所有し、2019-nCoVに編集する技術を持っています。 また、武漢ウイルス研究所の研究者による暴露を望んでいない」 ただ、バノン氏は蕭茗氏の「米政府は中国共産党政権の崩壊に備えているか」との質問について、「これは米国の政治家ではなく、米国民が決めることだ」と強調した。 米国に亡命した中国人富豪、郭文貴氏は、インターネット上で、 武漢ウイルス研究所の科学者が大量の研究資料を持ち出し、海外へ亡命したと投稿した。

>

武漢研究所亡命者は石正麗氏ではなく上のポストの人か。米でウイルス研究者銃殺事件はどう関係しているのか

郭氏は、 亡命したのは「石正麗氏よりさらに重要で、ポストの高い人物だ」とし、多くの「 機密文書を持ち出し、米国に来た」と話した。 英紙デイリー・テレグラフなどによると、02~03年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が大流行したあとの06年、石氏はオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)管轄下のオーストラリア疾病予防センター(ACDP)で3カ月間、訪問学者としてコウモリを研究していた。 「新型コロナウイルスは王所長が漏らした」 「王所長はいつも研究所から実験用動物を持ち出して、武漢華南海鮮卸売市場で売っていた」 この投稿はデマとして扱われ、削除された。 日本も含め、中国共産党のスパイや工作員は世界中で夥しい数になると想定できるが、彼らは身バレしても決して中国に政治亡命などしないのではないだろうか。 保護された人は研究員の情報共有についてはフランスとアメリカで行われるようだ。 日本人を大量虐殺して日本の領土を乗っ取り、次は大量の中国移民を送り込みます。

>

【石正麗(せきせいれい)】とは誰?武漢ウイルス研究所から亡命か?

我々の心の中には、科学に対する揺るぎない信念がある」 WSJが伝えたカリフォルニア大学デービス校のパンデミック専門家、ジョナ・マゼット氏の話によると、石氏は長年研究の対象としてきたすべてのコロナウイルスを目録にしているという。 隠そうとした」などと、武漢ウイルス研究所をターゲットにした発言を繰り返している。 石正麗の現在:極秘書類を持ってフランスに亡命 石研究員の亡命について「アノニマス ポスト」は次のように報じています。 これは人間に感染させるための模擬実験でもあります。 少なくとも1週間は遅い。

>