独壇場 読み方。 「独壇場」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

「どくだんじょう」ではない!「独擅場」の正しい読み方、知っていますか?|漢字クイズ3選|OTONA SALONE[オトナサローネ]

元々は、「独擅場 どくせんじょう 」という言葉で世間に通っていたものが、「擅 せん 」と「壇 だん 」の漢字が似ているというところから誤用が広がっていき「 独壇場 どくだんじょう 」の方が世間により認識されるようになりました。 ものおしみする。 また、ひとりで自由に処理する」(『学研 漢字源』)という意味です。 その部の部員がどの競技でも1位を取り、しかも部活対抗リレーでは優勝するなど活躍する様子を表します。 のような使い方がされてしかるべきです。

>

独壇場|読み方・意味・使い方・土壇場との違い、英語表現などを解説

処刑場の意味とは、かなり不気味な感じがするものですが、 「独壇場」と見た目はかなり似ているものの、意味が全く違うことに驚きです。 ですから独擅場(どくせんじょう)を、 独壇場(どくだんじょう)と読み間違えても違和感がなかったかもしれません。 戦前の『日本語アクセント辭典』(日本放送協會編 昭和18年1月発行)には「ドクセンジョー 獨擅場」と記載されていますが、その後「独壇場(どくだんじょう)」という用語の定着・慣用化が進む中で放送でも今では「独壇場」を使っています。 「独壇場」には使われなくなった意味があった 「独壇場」は現在では「独擅場」と同じく「ある人が思いのままに振舞える場所や場面」という意味で使われていますが、それは「独壇場」が「独擅場」を誤読したからだと説明しました。 作物をとりいれる。 しかし、「擅」と「壇」の文字がよく似ていることから、「どくだんじょう」と誤って読まれるようになり、表記も「独壇場」が一般化しました。

>

「独壇場」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

「独壇場」とは 「独壇場」の意味は「ひとり舞台」 「独壇場」の意味は「ある人だけが思いのまま振舞うことができる場所や場面で、ほかの人の追随を許さない状態」または「ひとり舞台」のことです。 また逆に当日まで欠席予定だった人が、イベントの開催直前になって突然参加することを「ドタ参」ということもあります。 「独」とは「ただひとり」という意味です。 そもそも 「独擅場」だったのが、 「擅 せん 」を 「壇 だん 」と読み間違えた為に 「独壇場」になってしまったのです。 勝手気ままにする。

>

独壇場(どくだんじょう)は独擅場(どくせんじょう)の誤り!?

なぜ正解の「独擅場 どくせんじょう 」ではなく「独壇場 どくだんじょう 」という間違った造語のほうが社会に広く浸透したのでしょうか。 では「独擅場」の語源ですが、「独」は「相手がいないひとり」「他人をかえりみないひとり」ということです。 まとめ 言葉の誤用はたくさんありますが、そこから正しい言葉として扱われるようになり得るとは驚きですよね。 今ではテレビでも「独壇場」を使うのが一般的であり、「独擅場」と全く同じ意味として使用しても、なんら問題のない言葉になりました。 これも諸説あるようですが、複雑に曲がりくねった様子を表すために数字を当てたけれど、「百」だと「百(もも)」の読みから連想される「桃」が決して曲がりくねった木ではなかったり、「百」という漢字の印象が複雑みに欠けていたり、といった理由で「百」から「一」引いた「九十九」となった説が見受けられました。 そして宗教批判こそは氏の得意の壇場なのである。

>

「独壇場」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「九十九」に一本足す(つく)と「百(もも)」になるから• 非常に区別がつきにくく混同してしまったのですが、現在では、誤用の 「独壇場」が一般的な言葉として広まっており、 「独壇場」を使っても間違いではないのです。 「独壇場」は和製漢語ですが、「独り舞台」を漢字表記の言葉として造語したものではないかと思います。 「独壇場」の語源 「独壇場」の語源を調べてみると、通常の言葉の語源とは大きくかけ離れているような感じがします。 The stage became his standing unrivaled(舞台は彼の独壇場となった)• この二つの言葉について調べてみると以下のような意味であることがわかりました。 「九十九折」以外に「九折」「葛折」という書き方があります。 「土壇場」のこの「切羽詰まった状態」の意味が生まれた理由は、江戸時代に首切り刑が施行されたときに高く土を盛ったところを「土壇」(どだん)と呼んだことから始まります。 「独壇場」の意味である 「ひとり舞台」という解釈は他の言葉でもあるのですが、類語ではなく、 「独擅場 どくせんじょう 」という言葉になります。

>

「独壇場」って何て読んでいますか?

ひとり舞台。 「いきょ」(34歳)、「ききょ」(36歳)、「せきょ」(37歳)、「しょきょ」(33歳)、「せきしょ」(36歳)、「せいぎょ」(39歳)、「たいきょ」(38歳)、「せっきょ」(29歳)、「ちきょ」(25歳)。 「総なめ」はほぼすべてのジャンルで勝利をおさめて、メダルや表彰状などを独占することです。 「吝嗇家」も「専門家」や「倹約家」のように「〇〇な人」を表す言葉ではあるのですが、「吝嗇って何…?」「吝ってなんて読むの?」「嗇って何?」という人は少なくないはず。 具体的には、「あの分野に関しては世界的にA社の独壇場ですね」といった言い方もできます。 正解はこちら! 「どくせんじょう」です。

>

独擅場と独壇場の意味とは?違いは読み方と『偏(手・土)』だけ?

【例文】• 出典>>. また、ひとりで自由に処理する」(『学研 漢字源』)という意味です。 また「九十九」を「つづら」と読むのは「九十九折」の時だけ。 「独」は「ひとり」という意味で、「壇場」は本来土をもって高くしたところで、その上で祭事や任命式などの公式な行事が行われる場所でした。 (『大衆維新史読本 池田屋襲撃』菊池寛) では、「壇」と「擅」はそれぞれどんな意味でしょうか。 「独壇場」と「独擅場」の違いは何?まとめ 「独壇場 どくだんじょう 」と「独擅場 どくせんじょう 」の違いや意味について見ていきました。

>