台湾 総統 選挙 情勢。 台湾総統選、11日投開票 蔡英文氏優勢、韓氏の逆転困難か:時事ドットコム

台湾総統選挙2020年 台湾の次期総統は誰?【台湾現地レポート】

ここに来て台湾の経済が伸びています・・・理由は、米中貿易摩擦を受け、IT機器の生産を担う台湾企業が、工場などを中国から台湾へとシフトしていることから、生産能力の増強に向けた設備投資が成長率を押し上げているようです・・・これは蔡英文にとってかなりの追い風になりますね。 実際には我々がリードしている」として,調査の電話がかかってきたら「蔡英文支持」と答えるように支持者に呼びかる奇策に出た。 この世論調査に基づいて観察すると、台湾の人々がもっとも関心があるのは経済問題であり、政治、安全、両岸関係、貧富格差は遙かに引き離されている。 2020年1月11日に台湾の運命を決める 『台湾総統選挙2020』 民進党の蔡英文の再選が決まりました! 中国・・・中国共産党から強硬な姿勢をとっている蔡英文は総統選の勝利演説で、台湾を力ずくで奪還するといった脅しを放棄するよう中国側に求めました。 株価は、民進党政権の政策と関連する半導体、金融、風力発電関連株が上昇した。 台湾総統選挙投票率推移 公開討論会のスケジュール 選挙期間中、3回の総統候補者公開討論会と、1回の副総統候補者政見放送が行われます。 2020年1月14日閲覧。

>

2020年台湾総統選挙の見通し(11/30)

05%にとどまりました。 同氏は2000年以来、毎回のように総統選に出馬してきた人気の根強いベテラン政治家だけに、5~10%の票を得るだろう。 無所属で立候補する場合は、直近の立法院選挙有権者1. 端的にいうと、中国に対し対決の姿勢を見せる蔡総統と融和路線の韓氏の対決である。 台湾総統選は11日投開票され、中国との統一を拒否する与党民進党の現職、蔡英文(ツァイインウェン)総統(63)が史上最多の得票で、対中融和路線の野党国民党の韓国瑜(ハンクオユイ)氏(62)らに圧勝し再選を果たした。 ここでは,11月30日時点での簡単な情勢認識を書いておきたい。 副総統候補者政見発表会 12月20日19時〜 公視(公共電視文化事業基金會) まとめ 今後の台湾総統選挙投票日までのスケジュールを改めて整理しておきます。 台湾での直接選挙がおこなわれて以来の 最多得票数でした。

>

【蔡英文再選】2020年台湾総統選挙をわかりやすく解説

選挙のたびに投票率の低さが話題になる日本では考えられない「台湾人の大移動」から、政治参加の大切さについて考えます。 従って国外に住んでいる人が一票を投じようとすると、台湾に戻って投票する必要があります。 韓氏側は「蔡氏が香港デモを選挙に利用している」と批判した。 武力を使わずに政権交代がなされたのです。 選挙権は20歳以上の自由地区()に6ヶ月以上在住する中華民国国民。 近年にない大量売却です。 では、現在の台湾の人々は経済問題と政治問題のどちらにより関心があるのか。

>

台湾総統選、11日投開票 蔡英文氏優勢、韓氏の逆転困難か:時事ドットコム

世界各地にいる留学生たちも、大移動をします。 選挙戦は、台湾を中国の一部と見なす「一つの中国」原則を主張して台湾統一を迫る中国との距離感が争点となった。 香港デモで争点が変わった 過去の選挙ではどうしても中国寄りか、台湾独立寄りか、青色(国民党)か緑色(民進党)か、と対中国政策が最大の争点になってきました。 上記の背景から台湾民衆党は結党後初めての立法委員選挙ながら第3党へ躍進した。 政治、選挙が関係しない状況の下では、人々は当然経済発展、民生改善、生活水準アップを希望するが、政治、安全のテーマが関わり、特に選挙となれば状況は顕著に変化し、経済民生をもって唯一の投票行動決定の重要な基準とはせず、複雑かつ多元的となるのだ。 2016年の総統選でも「萌え化」して話題になった蔡英文氏。 蔡英文の課題は経済政策ですので、 まずは米国と米台FTAを結び、中国からの貿易の「流れ」を変えること、 そして 日本は台湾のTPP加盟を推薦して認めることです。

>

「台湾総統選挙の行方」(時論公論)

10月にようやく国民党に追いついたという状況であった。 蔡英文・台湾総統が米議員に「台湾は米国の揺るぎないパートナー。 一国二制度の台湾への適用については、その後の江沢民、胡錦濤、そして習近平の各指導部まで、一貫して崩していない。 今年初めの習近平演説でも、「一国二制度」が強調されています。 「亡国感」とは、このままでは台湾は滅んでしまうのではないか、という危機感であり、「今日の香港は明日の台湾」という言葉に象徴されるものだ。 この数ヶ月間、減税、補助、奨励等の政策措置を講じることで、農民、漁業者、企業、青年、独身者など異なるグループ、階層に対して様々な減税優遇措置を講じ、これが確実に少なからぬ政治的効果を上げ、蔡英文支持率回復向上の原因の一つとなっている。 ただし,与党民進党にとっては,選挙区で小党候補が複数出馬したことで,票を固めきれないでいる選挙区もある。

>

台湾総統選挙の日程は?

蔡英文は801万票。 蔡英文リード固まる 11月29日に発表された「美麗島民調」の支持率は,蔡51. 台湾にとって香港情勢の展開は、一国二制度への信頼度という面で大きな意味を持つのである。 その理由について次のように語りました。 蔡氏の得票は800万票を超え、総統選の最多得票を記録。 こちらはその統一地方選挙で、当選した県知事や市長の数を、所属別に分けた表です。 その結果、緑の陣営の選挙民の約90%は蔡英文を支持するのに対して、青の陣営の選挙民では75%程度しか韓国瑜を支持しない。 これは、「總統副總統選舉罷免法」において、公示日は総統の任期終了日の120日前までに公示することと定められています。

>

「台湾総統選挙の行方」(時論公論)

この文章が掲載されたのが中央権力と直結する中国台湾網であることも重要だと思います。 台湾選挙民は青、緑及び中間の三つからなるが、青と緑が基本的な政治構造だ。 一方の韓氏は9日に台北で行った大規模集会に続き、10日も地元・高雄で「凱旋(がいせん)」集会を開催。 この矛盾した現象をいかに解釈するべきか。 トランプ政権は、 地政学的にも対中国における台湾の重要性を理解し、 武器の供与が可能な米台関係法、米台の政府要人の相合訪問を可能にする『米台湾旅行法』など積極的に台湾との関係を築いてきました。

>