山陽 本線 事故。 山陽本線の人身事故・運転見合わせ・安芸中野駅が話題

山陽本線特急列車脱線事故

踏切には周辺の人たちが緊急時に電車を停止させる「非常ボタン」が付いているが、これが作動しなくても障害物検知センサーが反応して電車が止まる仕組みにもなっている。 岡山駅(新幹線・津山線・宇野線・瀬戸大橋線・桃太郎線)• 電車運転士は衝撃直前に非常制動を執っており、衝突時の速度は低かったものの、バスの乗務員乗客7人が死亡、上り急行電車の乗客13人が負傷した。 特急かもめ米軍トレーラー衝突事故 [ ] 1958年(昭和33年) 14時03分 の南岩国 - 岩国間にある菊池踏切で、博多発京都行きの特急「」(10両編成)に米海兵隊所属の米軍人が運転するトレーラートラックが衝突。 特に1時間当たり1本という本数になる上郡駅、三原駅、山口県内全域ではほぼ確実に接続待ちを行う。 乗客など51名が重軽傷を負った。 神戸駅 — 下関駅間と和田岬線は西日本旅客鉄道(JR西日本)、下関駅 — 門司駅間は九州旅客鉄道(JR九州)の管轄である。 機関助士が死亡、5人が負傷。

>

【奈良コロナ】æ

山陽本線も最低 23件、多いと分かる。 クルマなどの一般交通と電車が衝突する可能性も高い。 東岡山駅(赤穂線)• 新幹線はなぜ雪の 事故を起こさないのか JRが実践するデータ活用3つのキー 文春オンライン - bunshun. 車両故障や電気設備の故障といった部内原因は6%しかない。 本線のほか、通称「和田岬線」と呼ばれる兵庫駅 — 和田岬駅間の支線を持つ。 その後、現場付近はカーブ緩和のため経路変更が行われ、(昭和35年)に完成した。 参考文献: 堀江敏夫『苫小牧地方鉄道史』苫小牧地方史研究会〈苫小牧地方史研究叢書 第2集〉、1968年、92 - 93頁。

>

【西条駅・寺家駅間 人身事故!】復旧再開は?山陽本線の人身事故発生で西条駅・瀬野駅間が運転見合わせ

この点では軽量車体の優位性を示したといえる。 この事故でダンプカーは鉄橋上約100 mほど登戸駅側に引きずられ炎上、運転者が死亡した。 83名負傷。 その後吹田から操重車を迎え、30日17時20分に開通。 大表沢鉄橋脱線転覆事故現場 (昭和30年) 21時5分ころ のの明島川にかかる大表沢鉄橋で、発行き列車(2両編成 モハ14033-クハ18003)が線路上に土砂があるのを発見し、非常ブレーキをかけたが間に合わず、土砂に乗り上げて脱線転覆。 外部リンク:() 浜松駅準急「東海」衝突事故 [ ] 1959年(昭和34年) 4時8分ごろ 東海道本線構内に進入した、東京発大垣行き下り準急309T列車「3号」(12両編成)が、同駅に停車していた機関車と衝突。

>

山陽本線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は4つ

日暮里駅構内追突事故 [ ] 1972年(昭和47年)13時59分ごろ 北行第1332C電車(発行き:10両編成)がで客扱いを終了し、2分遅れで発車したところ運転台の戸閉表示灯が消灯したためブレーキを掛け、約90 m進んだ所で停止した。 乗客2名が負傷。 列車側も牽引していた蒸気機関車が転覆し、客車2両が脱線。 郵便物1万数千通が焼失し現金書留など一億円以上の損失が出た。 東武鉄道では唯一の事例となる踏切事故による事故廃車である。 製造から日の浅い2両が廃車となった。

>

JR西日本 West Japan Railway Company:トップページ

小野田駅(小野田線)• ご注意ください。 東海道新幹線モデル線区飛込事故 [ ] 1964年(昭和39年) 10時55分 開業前の綾瀬町(現・)の区で試験走行中の東海道新幹線用車両に男が飛び込んだ。 詳細は、やをご確認ください。 外部リンク: 房総西線保田 - 浜金谷間急行「うち房」脱線転覆事故 [ ] 1970年(昭和45年)7月1日 房総西線(現・内房線) - 間の鋸山トンネル千葉寄り出口付近で事故前日から当日未明に掛けて降った集中豪雨により土砂崩れが発生した。 死傷者16名を出した。

>

日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

C54 5も原形を留めぬほど大破し、その後廃車、解体処分された。 普段から鉄道事業者では深夜などの電車が運転されてない時間帯を中心に保守点検を実施している。 また後続の客車2両も脱線した。 新山口駅(新幹線・山口線・宇部線)• 事故時、踏切付近は渋滞しており、バスが渡り始めた際に対向から小型トラックが来てバスが踏切内で立ち往生し、そこに列車が衝突した。 列車はからへ入った付近で緊急停止したものの10号車1両が全焼し、乗客1人が焼死、4人が飛び降りるなどして負傷した。 ダンプカー運転手が死亡、列車の乗客ら7人が重軽傷を負った。

>

【人身事故】山陽本線・鴨方駅で人身事故発生!飛び込んだのは誰?安否情報や現場の様子について!

豊橋鉄道老津駅構内列車衝突事故 [ ] 1968年(昭和43年)8月26日19時30分 構内で発行きの2両編成の下り電車が、貨物引き込み線に突入し貨物列車(10両編成)に追突。 この事故によりバス乗客ら4名が死亡、乗客ら12名が負傷した。 乗客33名のうち5名が死亡。 対策として、現場の8番分岐器を12番分岐器に交換した。 乗客25名と運転士2名が負傷。 それにもまして鉄道関係者は、木造車体の脆弱性を指摘されることになり、日本で新造される客車が鋼製に切り替わる契機になったとよく言われるが、国鉄関係者によるとこの事故の数年前以前から鋼製車体の開発はあり、たまたま完成間近にあった事故だとされている()。 3km 各駅停車に当たる普通列車でさえ1本の電車は最低でも100km超を走る区間が多発。

>