日産 ノート カタログ。 日産・ノート

ノート(日産 2018年モデル)のカタログ・年式モデル

「S DIG-S」、「X DIG-S」、「メダリスト(MEDALIST)」のメーターには質感の高い「ファインビジョンメーター」を採用。 全長4m弱の立体駐車場対応可能とする背高5ドアボディは、自車の保護性能向上と相手車両への加害性低減を両立したコンパティビリティ対応ゾーンボディを採用。 2012年8月 生産終了。 女性の開発責任者は日本の自動車メーカーでは初となる。 システム制御によるエンジンの作動頻度低減や車体の遮音性能向上を行うとともに、世界初となる路面状況からロードノイズが大きいと判断した場合に積極的に発電を行う制御システムも採用された。

>

日産:WEBカタログバックナンバー

「15S」系の4グレードをベースに、メッキパーツや3Dニット地の専用シートなどを装備し、スポーティ感を演出した仕様とした。 ミッションは、FFがCVT(無段変速機)、4WDが4速AT。 全車「平成17年基準排出ガス75%低減レベル SU-LEV 」の認定を取得。 ダーククロムのフロントグリルなどを採用したほか、人気の高い装備を標準設定。 今回、フルモデルチェンジを行った。

>

ノート(日産)のカタログ|中古車なら【カーセンサーnet】

2L 直列3気筒DOHC直噴の「HR12DDR」エンジン搭載車「S DIG-S」、「X DIG-S」、「メダリスト(MEDALIST)」、さらに「X」、「X DIG-S」、「X FOUR」をベースにした特別仕様車「ライダー」をラインアップする。 ショートノーズ&ロングルーフ、ミニバン風なデザインを持つ日産のコンパクトカー、ノート(NOTE)。 トランクは、• ルーフやドアミラー、アウトサイドドアハンドルのブラック化に加え、ダークメタリック塗装の15インチアルミホイールを採用。 このマイナーチェンジで再び売上が伸び、発売3週間後の同年11月23日時点で月間販売目標の約2倍にあたる20,348台を受注した。 さらに、「ライダー」をベースに「ライダー ブラックライン」を設定。

>

日産:WEBカタログバックナンバー

これにより、2WD、4WDともグリーン税制の適用が受けられる。 グレードは、ベースとなる「15S」、プライバシーガラスやインテリジェントキーなど快適装備をもつ「15M」、フォグランプ、オゾンセーフフルオートエアコン(デジタル表示)を装備する上級「15E」、キセノンヘッドランプ、ユーロサスペンション装着の最上級「15RX」をラインアップする。 また、NISMO S専用エンブレム(フロント/リヤ)、LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ、LEDポジションランプ付)なども装備した。 路面状態と車速からロードノイズを推定 発電頻度を減らす技術を開発 先代ノートe-POWERでは、エンジン発電時の騒音が気になった方も多かったのではないだろうか。 ドライブ後にはセンターディスプレイおよびエコドライブインジケーターにスコアが表示される。

>

日産:WEBカタログバックナンバー

グレードは、ベースとなる「15X」から、装備を厳選した「15X Fパッケージ」、上級「15G」、スポーティシリーズは「15RS」と、ユーロサスペンションやインチアップしたホイールを装着する「15RX」、新設定「16X」と「16RZ」をラインアップする。 グレードは、1. ミッションは、FFがCVT(無段変速機)、4WDが4速AT。 また、最低価格も従来の135. 2009年4月23日 1. ラインアップは、1. 今回、「15X SV」、「15X FOUR SV」をベースに、特別仕様車「15X SV +プラズマ」、「15X FOUR SV +プラズマ」を設定。 6L 直列4気筒を搭載、FFと、e・4WDと呼ばれる後輪をモーターで駆動する電動式4WDが選べる。 特別仕様車では、「ライダー」、「アクシス」、「エアロスタイル」を設定。 最大の特長は、爽快な走りとフレキシブルに使える使い勝手の良さ。

>

日産・ノート

さらに、減速時にはエンジンを停止し、回生発電した電力を高電圧バッテリーに充電、停車寸前まで回生が行なわれるため減速エネルギーを無駄にしません。 今回、1. フロントグリルは日本仕様車と同一のデザインとなり、フロントバンパーやテールライトのデザインも変更された。 安全性を高める「踏み間違い衝突防止アシスト」、「アラウンドビューモニター」、「ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー」、「ヒーター付ドアミラー」、「LEDヘッドランプ」を標準装備。 ボディカラーには、新色のブルーターコイズ、フロストグリーン、アメジストグレーの3色を追加した。 また、リサイクル性向上のために設計改善を行い、リサイクル可能率95%以上を達成している。 もちろん日産の車種の中で最量販車種となるので、我々日本の販売ビジネスを預かる立場としても、それから日本の100万台生産を確保するためにも大変重要な車種。

>

日産 ノート

6Lには5MTを設定。 メーカーオプションとして色が選択可能な専用パーツは、黒、赤、白、青の4色のドアミラーとアウトサイドドアハンドル。 ミッションは、FFがCVT(無段変速機)、4WDが4速AT。 エクステリアでは、ボディサイドの「スカッシュライン」は、スカッシュのプレイヤーがスマッシュしたときの俊敏なボールの動きを表現し、クルマをダイナミックに見せる大胆なデザインとした。 併せて、オーテックジャパン扱いの「エアロスタイル」シリーズ、「ライダー」シリーズはベースグレードの変更や装備の追加を行った。 また、15インチアルミホイールをニスモ以外のグレードでオプション装着可能。 ただし、e-POWER搭載車の廉価かつ燃費スペシャルモデルである「e-POWER S」の受注は殆ど無く、「e-POWER X」と「e-POWER MEDALIST」の2グレードに集中した。

>