自然 農法 センター。 いのちを育む自然食

(公財)自然農法国際研究開発センター

ハリウッド圃場• 施肥は肯定するが、落葉や草を自家で発酵させた「自然堆肥」のみとする 病害虫防除は肯定する。 様々な作物のタネを取っていくことを習慣にしてみると、また違ったものが見えてくる。 稲荷山駅からタクシー(片道3,000円程度)もございます。 シュタインフルト圃場• 自然栽培の大根、インゲン豆など。 大口のご支援よろしくお願いします。 秀明アメリカナショナルセンター(パサディナ) has been modified• 品目ごとに前後はございますが、徐々に新しいデザインのラベルに変更したいと考えております。 ハリウッドセンター• ニューヨークセンター has been modified• プログラムに参加する研修生は、野菜や米の栽培、持続可能な農法、家畜、漁業、養殖、園芸、「足るを知る経済」について学びます。

>

秀明のセンター>海外

オープン以来広大な自然の中で、お互いに世界平和の志を持つ伝統宗教とのインターフェイス活動、秀明自然農法の実践、芸術・文化的イベントを通じた精神的成長を促す環境を提供する活動を行っています。 の教祖である岡田がに「無肥料栽培」の思想を説く。 サンパウロセンター has been modified• サラブリセンターでは、収穫した後の残渣をリサイクルして堆肥を作り、また土壌に返して豊かにしする循環システムを確立しています。 サイト内で種についてのお話も詳しく読むことができます。 ロンドンセンター• 台北集会所 has been modified• で、(53年)より無農薬りんご栽培を試み10年間の無収穫期間を経て自然栽培 (無農薬・無肥料栽培)を確立。

>

株式会社自然農法販売協同機構|ORGANIC SOIL

一生懸命に草を刈り、大切に土を耕し、畝を作っても、タネ自体のDNAがおかしいものだったら、無肥料・無農薬では、うまく育ちません。 ペンシルベニアセンター• 農場の土. サンバレス州農村 アメリカ・コロラド州のサングレ・デ・クレスト山脈。 一般寄付 1口2,000円以上で、当センターの運営全般に活用させていただきます。 しかし、生育や形が揃ったりする優性遺伝が出るのは一代限りで、 2代目は、発芽しなかったり、発芽しても生育しなかったり、親と同じものに育つことはない。 サンフランシスコセンター• 【自然農法の理念】 大自然を尊重し、その摂理を規範に順応する 【自然農法の原理】 生きている土の偉大な能力を発揮させる つまり、生命を生かし、より豊かにしようとする自然の働きを引き出し、永続的な生産を行うことが自然農法の目標です。 バンクーバーセンター• サステイナブルできれいな環境を保ちながら、自然農法とEMを融合した農業技術を広め、人々の役に立ち、安全な食べ物を作ることが研修プログラムの目的です。 団体概要. 弊社パッケージ場で現在使用しております有機JASマークおよび生産地表示のラベルについて、デザインを変更することになりました。

>

(公財)自然農法国際研究開発センター

均一に背丈も揃い、効率よく大量生産することに優れている、手のかからない便利なF1種。 多くの方からのご支援よろしくお願いします。 一部で、固定種・在来種のタネを販売しています。 また、APNAN(アジア太平洋自然農業ネットワーク)のワークショップや研修プログラムのために施設を提供しています。 F1種は当たり前に命を繋いでいけない、不自然なタネなのです。 そしてやがて枯れていき、実からタネを取り、翌時期にまたそのタネをまく) ・タネを同時にまいても、発芽や生育が揃うことがないので、長期間収穫できる。

>

秀明のセンター>海外

長野校 お申込みの際に、ご相談ください。 160ヘクタールの敷地で自然農法とEM技術を普及するための研修プログラムが開催されています。 アンゴラでも、274ヘクタールの農場で自然農法が始まるなど、世界中で自然農法の実践が行われています。 種まきや植え付けの前にEMボカシを撒き、マルチを施し、希釈したEM活性液を撒きます。 ) また、講座によっては家族割や夫婦割がございますので、パートナーやおじいちゃん、おばあちゃんとご一緒に参加していただければ集中して学ぶことができます。

>

自然農法国際研究開発センター

最寄りの駅は、JR篠ノ井駅もしくはJR稲荷山駅になります。 タネを注文すると、翌年、タネのカタログが届きます。 自然をもっと身近な日常に。 1.人間の健康を維持増進する食べ物を生産すること。 そうした自家採種を、その土地・その風土に合うタネをその場所で何世代も繰り返して、つないできたものです。 拠点一覧• フィリピンセンター has been modified• 研修先の様子. さらに、EM青草発酵液を毎週、EM・5(ストチュー)を3日ごとに撒き、植物を害虫や病気から守っています。 現在、自然農法の実施者は全国に広がっており、米や各種野菜、果樹などを栽培し、農産品は一般の食料品店舗でも取り引きされています。

>