スペーシア マイナーチェンジ。 【新型 スペーシア マイナーチェンジ 2020】変更点、デザイン、価格予想など、最新情報!

スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」がマイナーチェンジ。安全装備の拡充や新ボディカラーの設定などを実施

新型スペーシアカスタムは、スペーシアカスタムZの流れをくんだデザインになっています フォグランプ周りのメッキの囲い方は、タントカスタムにも似ていますね。 2017年11月18日閲覧。 先行車発進お知らせ機能 シフトが「D」「N」「M」の位置でブレーキ操作をして停車中、先行車が発進すると自車との距離を計測。 <スペーシア> HYBRID G・・・1,333,800円 HYBRID X・・・1,468,800円 <スペーシアカスタム> HYBRID GS・・・1,576,800円 HYBRID XS・・・1,690,200円 HYBRID XSターボ・・・1,787,400円 新型スペーシアの価格は、 スペーシア・・・130万円程度~ スペーシアカスタム・・・155万円程度~ と予想されています。 外寸では全高が50 mm、ホイールベースが35 mm拡大。 HYBRID XS(自然吸気エンジン) FF:1,690,200円、4WD:1,811,160円• 車線逸脱警報機能 約60キロ~約100キロで走行中、車線の左右区画線を検知し、進路を予測。 後方ではセンサー方式の「後退時ブレーキサポート」が用いられている。

>

スペーシアギア値引き2020年11月

特に、車線逸脱警報装置 LDWS と後方視界情報提供装置(バックビューモニタ)の2項目では満点評価となった。 の愛称とが同一であるが、東武100系電車のは全て大文字 SPACIA であるのに対し、当車種では大文字・小文字併用 Spacia であり、が異なる。 USB電源ソケット(2個)や時間調整付フロント間欠ワイパーを追加設定した(スペーシア・ハイブリッドGを除く)。 カスタムの2代目はフロントメッキグリルが大型化され、ヘッドランプをLED化。 関連記事• 2万円値下げ、リアシートなし車は「G」から新設の「E」の設定に変更となった。 ふらつき警報機能 約60キロ~約100キロで走行中、車線の左右区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。

>

スペーシア、マイナーチェンジしました!【東岡山店】|軽自動車専門店ハヤシのブログ

これが今回注目のステレオカメラ式の自動レーダーブレーキシステムです。 以下、「ルークス」&「eKスペース」のみに搭載されている装備一覧です。 3Dビュー機能付き全方位モニター• トランクレバーが低い位置にあるのはやはり女性を意識した作りなのでしょうね。 2013年 「レーダーブレーキサポート装着車」の設定が発表された(9月17日販売開始)。 メカニズム [ ] パワートレイン [ ] 初代モデルは5代目で初採用された「スズキグリーンテクノロジー」が導入され、「パレット」の一部グレードで既に導入されていたシステムは全車標準装備した上で改良を行い、停車前の減速時にを離した段階からの供給をカットし、を踏んで時速が13km以下になると自動でエンジンを停止することでアイドリングストップ時間を延長。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2015年8月5日 , 2015年8月5日閲覧。

>

【新型スペーシア】マイナーチェンジ2020による違いや変更点~N

スペーシアカスタムは、現行モデルよりもメッキパーツが追加されるといわれています。 850kg• モーター種類 直流同期電動機• ・プレミアムUV&IRカットガラス フロントガラス、フロントドアガラスには、紫外線を99%、赤外線を70%以上カットするガラスが採用されています。 その他、「全方位モニター用カメラ」に「3Dビュー」表示を採用。 誤発進抑制機能 ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。 ギアと名付けているが「道具」を表しており、ベースはスペーシアのためMTではなくCVTをそのまま採用している。 デザイン 新型スペーシア、スペーシアカスタムのデザインを紹介します。

>

【新型デイズ&eK】マイナーチェンジ2020による違いや変更点~2車の違い、ルークスやeKスペースとの違いまとめ

デザインには、軽クロスオーバーとして人気になった「ハスラー」からくる丸目ヘッドライトを採用。 併せて、坂道発進時には後退を抑制するヒルスタートアシストも装備される。 「グリップコントロール」作動時に制御状態を表示する「グリップコントロール表示」機能は「eKクロス」のみに装備• 2020年11月20日にホームページ上でN-BOX/N-BOXカスタムのマイナーチェンジ後のデザインがお披露目されましたが、実際のユーザーからの反響はどうだったのでしょうか。 任意でモーターアシストを増強できるパワーモードスイッチが新設され、CVTは軽量化と高効率化を実現した新型となった。 (公式発表なし) メーカーオプションの「全方位モニター用カメラパッケージ」に、GPSアンテナ・TV用ガラスアンテナ・USBソケットの3点を追加。

>

新型スペーシア 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価

リアシートはワンタッチフォールディング式とし、シートスライド量も大きく確保。 「eK」についてはほぼ価格上昇なしとなっています。 フロント部分では、厚みを持たせたメリハリあるフロントフェイスやサイドのボディ形状、ボディレリーフを一体感のある造形とし、明快で存在感あるスタイルを表現。 また、「HYBRID X」に設定のベージュ内装はホワイト2トーンルーフに加え、モノトーンカラーでも全色選択が可能となった。 前述のとおり、NA車は「エネチャージ」から「S-エネチャージ」に変更。 衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。

>