黒い 砂漠 モバイル フォーラム。 「黒い砂漠 MOBILE」はスマホのスペックでどこまで変わるか?

「黒い砂漠モバイル」に新たなフィールド“大洋”が実装。船舶の強化アイテムがもらえる“大洋の宝箱”イベントも

放置狩りやオフライン狩りを考えるとそれくらいのバランスが良いのかな、という印象である。 さて、それでは黒船級のモバイルMMO「黒い砂漠MOBILE」のレビューをお届けしていこう。 一言でいうと本作の課金要素は良心的な印象で、文字通り「基本的なプレイは無料で十分楽しめるが、さらに快適さを求めるなら課金アイテムを買えば良い」という印象だ。 考えてみれば、「黒い砂漠 MOBILE」もROG Phoneもハイエンドの追求が根底にあるので、共鳴するのは当然のこと。 このエリアには建造物を建てることができるのだが、装備の強化に使用する「ブラックストーン」の精製や、装備やポーションの作成など実際の冒険に役立つ機能もある。 ギルドも入っていればメリットがあり、ギルドボスなどとも戦えるが、こちらも必須というわけではない。

>

【黒い砂漠モバイル】開催中のイベントまとめ

またゲームの概要などについても弊稿のインプレッション記事などとあわせて参照していただけると幸いだ。 想像を超える、次世代のRPG『黒い砂漠モバイル』水平線の向こうまで広がる冒険のフィールド、「大洋」実装! 株式会社Pearl Abyss JP(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:李 同校)は、『黒い砂漠モバイル』において、新たなコンテンツである「大洋」を追加するアップデートを本日11月30日 月 に実施したことをお知らせいたします。 ぜひお手持ちの端末でプレイしていただきたい。 スキル同士の連携もあり、選択肢の幅も広がる そして手動プレイももちろん楽しめるのだが、今のモバイルオンラインRPGではスタンダードになっている自動狩りもちゃんと搭載されている。 フィールドやキャラクターの描写、陰影、光の反射などの表現がもともと微細なので、ちょっと動きが滑らかになるだけで「黒い砂漠 MOBILE」らしさがどんどん前に出てくる。 そして領地に建造物を立てるためには採集で集めた素材などが必要になる……と、コンテンツを削ぎ落としつつも、新要素を入れ、既存の遊び方と融合させ、と全てが上手い具合にミックスされた作品になっているのだ。

>

「黒い砂漠モバイル」に新たなフィールド“大洋”が実装。船舶の強化アイテムがもらえる“大洋の宝箱”イベントも

キャラメイクに時間をかければかけるほど、舐め回しプレイへのモチベーションがより高まるというものだろう。 実際にプレイしてみるとはこれは誇張表現ではなく、これまでのモバイルオンラインRPGにはなかった濃厚な魅力が詰め込まれていると感じた。 モバイル向けのゲームは端末の進化にあわせてゲーム側の表現力も進化してきたが、素直に「ついにここまで来たか」という印象だ。 has-background-dim-100:before,. モバイル端末とは思えないほどの美しさ ゲームを起動して最初のインパクトを与えてくれるのはこの美しいグラフィックスだ。 ガチャからは確かに高レアな装備が入手できるが、ゲーム内でも時間をかければ入手できるし、ゲーム内の取引所でも売買できる。 これらの組み合わせや、自分が操作しやすい配置を選ぶ要素など、ベースの操作感はスタンダードに落とし込みつつも、アクション性の高さは残す、という2点を上手く両立させている印象だ。 上が解像度「機器最大」、下が「高い」。

>

「黒い砂漠 MOBILE」はスマホのスペックでどこまで変わるか?

フィールドは細かなところまで表現されており、視点をグルグルと動かして周囲を自由に見ることができる。 『黒い砂漠モバイル』では10月3日(木)にも複数回にわたってゲーム内での遅延といったサーバーが不安定な状態が発生しており、2日連続の「接続障害」の発生に対してユーザーからは不満や不安・心配する声が多く出ていた。 has-luminous-vivid-orange-background-color. 「大洋」では、今までの戦闘力を使用した戦闘ではなく船舶に搭載された大砲を使った艦砲戦闘が行われます。 メニュー機能などはタッチ操作で十分なので今回は触れていないが、場合によってはボタンに振り分けてもいいだろう ただ、スキルスロットの切り替えについては設定が上手くいかなかったので、この点だけは注意したい。 さらにクエストや商店のNPCまでの移動などももちろんオートで進行できるので、「ながらプレイ」が大いに捗る。 まず主要な課金要素としてザックリと「ガチャ」、「便利アイテム」、「装飾アイテム」、「ペット」がある。

>

【黒い砂漠モバイル】開催中のイベントまとめ

描写の激しい戦闘場面でもフレームレートは安定している 手元のROG Phoneの中では、より美麗化されたジェレミー・レナー(と思い込んでいるキャラクター)がギュンギュン敵を倒している。 「Gamevice for ROG Phone」は、端末の左右から挟み込むようにしてアナログスティック、十字キー、ABXYボタンなどを取り付けるアタッチメントだ。 has-very-light-gray-background-color. 期待としては「ROG PhoneならFPS60は出るんじゃないか」という気持ちもあったが、そう簡単な話ではなかったようだ。 また馬の捕獲や釣り、採集など直接戦闘に影響しない要素も一部引き継がれているが、妙に凝ったことができる調理などの要素はカットされている。 モバイルでここまでのゲーム体験を提供してくれた本作の開発力から今後への期待も高まるというものだ。 has-pale-cyan-blue-background-color. ここもまた絶妙なところで、放置していてもゲームが進むのでその点ではプレイ時間による極端な差は出にくい、だが画面を見ないとクエストなどが進まないのでちゃんと画面を見ながらプレイした方が有利、という差別ができているのだ。

>

「黒い砂漠 MOBILE」はスマホのスペックでどこまで変わるか?

has-pale-pink-background-color. has-vivid-red-background-color. 「大洋」実装記念、ミッション達成イベント! 「大洋」に関わるミッションを進めることでブラックパールや混沌の核、「大洋」関連アイテム等が手に入る、ミッションイベントが開催されます。 黒い砂漠モバイル マニュアルどこよ、推奨スペックどこ? Night Detonator. has-light-green-cyan-background-color. それが「領地」というシステムだ。 筆者も1,500円程度課金してみたが、ガチャで入手できたアイテムをベースにしつつ、あとはプレイする中で入手したアイテムを使うくらいでかなり快適にプレイできている。 いわゆるマイルームのような遊び方ができるのだ。 正直言って今の「黒い砂漠MOBILE」でも十分すぎるほどのコンテンツや遊び方が実装されている。 他にもアバターなどの「装飾アイテム」はプレイに必須のものではないし、「ペット」もあれば便利だがなくても問題なく遊べる。

>

「黒い砂漠 MOBILE」はスマホのスペックでどこまで変わるか?

「黒い砂漠 MOBILE」を最高スペックでプレイするという贅沢さが、ROG Phoneによってとても強く実感できた。 has-luminous-vivid-amber-color. 本作はそんなプレイスタイルの違いもきっちりと吸収している。 このエリアは庭のような扱いで、ある程度自由にカスタマイズできる。 。 今回、で作成したジェレミー・レナー(風)キャラクターを使ってプレイした。 サービスが長期化に伴い、冒険方の戦闘力隙間は深化され、これにより、戦闘力が低い冒険の方が高い冒険方を「絶対克服していない対象」に認知して 戦闘を避ける現象があると把握されます。

>

黒い砂漠モバイル マニュアルどこよ、推奨スペックどこ?

そこで本稿では、ROG Phoneを使って「黒い砂漠 MOBILE」のポテンシャルを引き出してみたい! なお「黒い砂漠 MOBILE」の内容やROG Phoneの手触りについては知りたい方は、上記にあるそれぞれのレビュー記事をご覧いただきたい。 戦闘、回避、スキル等々はその他の各ボタンに振り分けることができ、戦闘中のアクションがとても快適になった。 そこから、素材を集め船舶を改造していく事で大洋に潜む敵を倒すことができる砲撃スキルを手に入れたり、遠い海域まで航海する事ができるようになります。 基本料金は無料で、ビジネスモデルはアイテム課金制。 また天候や時間も変わるし、水の反射などの表現力も高いし、戦闘のエフェクトはド派手だ。

>