アラン モルト。 アランの味や種類/10年・18年・シェリーカスク・クォーターの違いを解説

アラン島唯一の蒸留所が手がけるウイスキー「アラン・モルト」その魅力に迫る

おすすめです。 同蒸溜所は独立資本のため、ほかの蒸溜所のように他社への原酒の供給は行わず、自社でのシングルモルトやブレンデッドのボトルを製造、販売しています。 飲むとアルコール感は非常に弱い。 ファーストフィル、セカンドフィルのシェリーホグスヘッドで熟成した原酒のみをブレンドした21年熟成。 誕生日や記念日、プレゼントなんかに是非お試しいただきたい。 バランタイン30年は複雑でエレガントで艶やかさで甘く、グラスの中で複雑で繊細な香りが刻々と変化していきます。

>

アランモルト10年と21年の旧ボトル比較

スコットランドの北西側を半分ぐるっとって感じですね。 例えばブレンデットウイスキーであるバランタイン30年の対極にあるような存在に思えます。 言うことなし」 飲み方はストレートかロックがおすすめで、少し加水をすると飲みやすくなります。 各店舗をご利用の際は各店舗価格でのご対応とさせていただきます。 色はライトゴールド。 ストレートやオンザロックはもちろん、ハイボールもおすすめ。 香りは蜂蜜、砂糖漬けのシトラス、リコリス、バタースコッチ。

>

アラン10年、気軽な家飲みシングルモルトに最適解。

水割りにすると二時間後のバランタイン17年みたいな甘さ。 ・一部、【送料無料】の商品がございますが、通常商品と同梱する場合、 送料無料の商品は送料が掛かりませんが、同梱が出来ず別の個口になる場合、 個口毎の送料が発生致します。 (土日祝を除く) ・配達日時の指定が可能です。 お支払いについて お支払いは以下の方法がご選択いただけます。 同蒸溜所は独立資本のため、ブレンド用の原酒づくりがメインではなく、シングルモルトとして飲むためのウイスキーをつくっている数少ない蒸溜所でもあります。 冷却濾過を行わず ノンチルフィルタード ボトリングしている為、アランモルトの力強い一面を楽しむことができます。 終売したものも人気が高く、気づいたら12年がなくなり、14年がなくなり、16年がなくなり…という感じです。

>

アランモルト10年ウイスキー・白州に似ている風味の特徴に高評価

このアラン10年は、さながら「デキる若手」とでも言いましょうか。 アラン島北部のロックランザにアイル・オブ・アラン蒸留所が建設されたのは1995年のことでした。 2020年4月27日 追記 抜栓して2ヶ月後 @新宿 アラン新旧10年、同時に抜栓してついに2ヶ月経ちました。 ウイスキーの色合いは旧ボトルの方がわずかに濃く、シェリーの色が効いているように思えます。 推測ですが、バーボン樽メインで、シェリー樽で若干の後熟をさせたか、あるいはシェリー樽熟成の原酒とヴァッティングさせたか(後で調べます)。

>

アイランズ・モルト・ウイスキーの味や特徴/種類や飲み方、限定おすすめセットの紹介

またアランモルトの仕込み水に使用している「ロッホ・ナ・ダヴィ」をボトル肩口の波紋や底面のデザインで表現しています。 抜栓直後よりも荒々しいキャラクターが出てくる。 今後ウルフバーン(2011年に北ハイランドに出来た蒸溜所)のようにたくさん輸入されるようになればレビューしたいと思います。 高度が高いと繊細なニオイがキャッチしにくい、全く同じウイスキーを前日の夜に飲んだばかりなのに、全然印象が変わる。 若年層、しかも女性のモルトファンが多い印象です。 下流の河川で焚き火したような、生乾きの木を燃すような木材の香り。

>

【楽天市場】モルト・スコッチウイスキー > アイランズモルト(ISLANDS MALT) > アランモルト(ARRAN MALT)各種:洋酒ワインお酒大型専門店 河内屋

自宅飲みシングルモルト更新。 ボトルのデザインが大幅に変更されて、新ボトルはスタイリッシュになりました。 コクやボディの厚みはありますが、どっしりとした味わいが少なく、長期熟成にも関わらずライトなボディに仕上がっていると言えそうです。 香りは蜂蜜、砂糖漬けのシトラス、リコリス、バタースコッチ。 強烈なヨードの香りと塩味、口当たりはオイルっぽいです。 アラン10年 新ボトルと旧ボトルの味の比較レビュー 早速、二本の味わいを比較してみます。

>