スパーズ 対 ネッツ。 ブルックリンネッツ V/S ロサンゼルスクリッパーズ

2006

今までとは雰囲気が全く異なると思うよ。 2年連続の最優秀守備選手賞とACC年間最優秀選手、オールアメリカ1stチームに選ばれた。 ルーキー・オブ・ザ・イヤー:1998• ニュージャージー・ネッツのとが同じ試合でを達成。 2006年 MVP獲得・2008-09年 シーズン得点王・2008年 北京オリンピック男子バスケット選手として金メダル獲得。 らを始めとする複数の選手が出場禁止処分を受けた。 映像によると確かにダンカンは笑っているが、これがクロフォードに対するものかどうかはわからず、ファウルをコールされた際、ダンカン自身もなぜ自分がテクニカル・ファウルを宣告されたか理解できずに苦笑いしている。

>

ブルックリンネッツ V/S ロサンゼルスクリッパーズ

2015年11月6日閲覧。 サンズとのシリーズは乱闘騒ぎも発生するなど荒れた内容となったが、サンズを得意な相手としているスパーズは4勝2敗でサンズを降すと、カンファレンス決勝ではを破り、ファイナルに進出。 ダンカンがプレイする時代のNBAはの層が非常に充実しており、彼がNBA入りした頃にはや、らが、そして彼の同世代にはや、、らが居たが、そんな猛者たちを抑えてルーキーイヤーから8年連続オールNBA1stチームに選出され続けたことは、彼が同時代における最高のパワーフォワードであったことを意味している。 何を持って面白いというのかで変わってくると思います。 リーグ屈指の強豪チームであるはずのスパーズがドラフト全体1位指名権を獲得できたのは、前年に大黒柱のがシーズンをほぼ全休してしまい、その影響で20勝62敗、リーグワースト3位の成績となったからである。 控え inactive PG: 6th man SG: SF: PF: C: '2013年レギュラーシーズン後半のデプス ポジション スターター 2nd. スポーツマン賞 2003• 第1シードのチームが第8シードのチームに敗れるのは史上3度目、7戦形式となってからは初めて。

>

デローザン&ベリネッリ「 若手の育成に協力する」

重要な時間帯ほど多用されるダンカンの1on1は、ミドルポストでディフェンダーと正対した状態から開始され、その場からのジャンプシュートやドライブからのフックシュートなどが展開され、それは至極単純なプレーであるが彼を止めることは困難だった。 同年12月18日の戦の試合後に永久欠番セレモニーが盛大に執り行われた。 勝利への道を最短で行くような彼のプレーはしばしば「退屈である」と指摘され、1999年の優勝時に誌はファイナルMVPに輝いたダンカンを「静かで退屈なMVP」と評し、またから付けられたニックネーム、"The Big Fundamental"も最初は決してダンカンを賞賛する意味ではなかった(ただし、スポ・イラもシャックもダンカンが築いた実績に対しては賞賛を惜しまない)。 にもコーチ推薦ではあるが出場。 上記の通りシーズン終盤にはプレーオフに照準を合わせるためチームから休養を与えられる事も多いが、欠場理由が前代未聞の "old"(年齢による衰え)という理由で休養を命じられた時はさすがのダンカンも苦笑しながらベンチで試合を見つめていた。 チームの若い選手たちはエネルギーがあって真面目でハードにプレイしていて素晴らしい。 パーカーはダンカンにかわってリーディングスコアラーとしてチームを牽引し、ジノビリは卓越した技術と爆発力でチームに活気をもたらし、そしてダンカンは攻守両面における要としてチームを支える存在となった。

>

2006

現状でイースタンでヒートに抗えるチームはいないし、ウエストでは試合巧者のスパーズが勝ち抜きそうですね。 ダンカンは2001年に結婚し、2005年に長女が、2007年には長男が生まれた。 98ブロックは史上3位となる好記録となり、年間最優秀守備選手賞とオールACC1stチームに選ばれた。 ウェスタン・カンファレンス [ ] ファーストラウンド カンファレンスセミファイナル カンファレンスファイナル 1 2 8 4 8 ウォリアーズ 1 4 ジャズ 4 5 3 4 4 4 ジャズ 1 3 スパーズ 4 3 4 6 1 3 スパーズ 4 2 サンズ 2 7 1 2 4• 1997• 1位はマジック・ジョンソンの157回、4位はシャキール・オニールの142回、5位はの137回である。 このような評価に対してダンカンは「気にならない。 ダンカンはオリンピック終了後、代表から引退することを表明。

>

ティム・ダンカン

第3戦ではニックスのガード陣、やの活躍でスパーズは不覚を取ってしまうものの、第4戦ではツインタワーがニックスを圧倒。 チームメイト デプス [ ] 入団以来の各シーズンのデプス サンアントニオ・スパーズ1997-1998年シーズンのデプス ポジション スターター 2nd. 212 1,295 6 ティム・ダンカン 15,091 2,859 7 14,968 2,062 8 14,715 1,765 9 14,662 1,534 10 14,464 1,101 2015-16シーズン終了時点でのブロック数 順位 プレーヤー レギュラーシーズン総ブロック数 プレーオフ総ブロック数 1 3,830 472 2 3,289 251 3 3,189 476 4 3. 4月22日、プレーオフファーストラウンド第2戦となる戦、開始直後、フローティングジャンプショットを決め、プレーオフ通算5,001得点を達成した。 ダンカンの不調に、しかしスパーズはかつてない勢いで勝ち続けた。 ダンカンはレギュラーシーズン終盤で負った怪我が回復せず、プレーオフ全休を強いられ、チームのエースを失ったスパーズは1回戦でサンズの前に敗退してしまった。 2リバウンドの成績で前年の酷評を打ち消す大活躍だったが、スパーズはロビンソンが36歳となっており、ダンカンをサポートできる選手の補強が急務となった。 9得点とキャリア最低の平均得点となりプレーオフに突入した。 2001-2002シーズンでは得点、リバウンド、ブロックショットなどの5つの部門でリーグトップ10入りを果たした。

>

ティム・ダンカン

は主力の高齢化がさらに進み。 しかし優勝のためにダンカンの貢献が不可欠であった点は変わることなく、ポポヴィッチはダンカンを「公分母」とたとえ、「99年、03年、05年と彼の周りには異なるメンバーがいた。 ダンカンはこのシリーズで平均29. (1989-2007) 彼とケヴィン・ウィリスの引退で1980年代ドラフト組みはリーグから姿を消した。 ロビンソンの回想によれば、当初ダンカンはチームリーダーという重責を担うことに抵抗を感じていたらしく、ダンカンが真のリーダーシップを得るには若干の時間を要したようである。 伏兵の援護射撃もあって、キャバリアーズがチーム史上初となる進出を果たした。 2005年の優勝 [ ] ピストンズ(当時)のベン・ウォレスとマッチアップするティム・ダンカン 、ダンカンは故障の影響もあって過去最低となる平均20. (来オフPO行使について) 白紙だよ。 イースタン・カンファレンス [ ] イースタン・カンファレンス チーム 勝敗 チーム 勝敗 チーム 勝敗 1 47-35 53-29 44-38 2 41-41 50-32 41-41 3 35-47 49-33 40-42 4 33-49 35-47 33-49 5 24-58 28-54 30-52• 2 bpg Basketball-Reference NBA. 練習を通じて若い選手たちに俺の知識とゲームのアプローチ方法を教えていきたい。

>

ブルックリンネッツ V/S ロサンゼルスクリッパーズ

ダンカンはウェイク・フォレスト大学での4年間を全うし、満を持して、にエントリー。 ニックスにもベテランのや将来有望な、らが居たが、ツインタワー相手には力不足で、インサイドの主導権は完全にスパーズが握り、第2戦も勝利して2連勝を飾った。 控え inactive PG: SG: SF: PF: C: サンアントニオ・スパーズ2009-2010年シーズンのデプス ポジション スターター 2nd. 時代にカレッジバスケの個人賞を総舐めにした後、にてサンアントニオ・スパーズから全体1位指名を受けてNBA入り。 88対78で勝利したスパーズが4年ぶりの優勝を飾った。 スパーズは1回戦で擁するに苦戦しながらも4勝2敗で破ると、カンファレンス準決勝で宿敵レイカーズと対決。

>

ブルックリンネッツ V/S ロサンゼルスクリッパーズ

最多リバウンド:27本(対 戦 )• チームは58勝24敗を記録してプレーオフも順調に勝ち進んだ。 0 キャリア Total 1392 1389 1,001 391. カンファレンス優勝を決めた第6戦の勝利で、ダンカンは通算勝利数を1,042勝とし、歴代4位で、と並んだ。 1リバウンド、全試合でダブル・ダブルを達成する活躍であり、、、シャキール・オニールに続いて史上4人目となる3度目のファイナルMVPを受賞した。 しかし1999年の優勝以降に襲われた高齢化問題に再び直面するスパーズは、力を着けたレイカーズやなどの優勝候補チームの有力な対抗馬とは見なされず、プレーオフでは1回戦でダラス・マーベリックスの前に敗退。 ここ何年もずっと同じ役割を担っている」、「終盤にビッグショットを決めてくれたけれど、それこそチームが彼に求めていることだからね」とコメント。 彼がチームのエースだから」と語った。 ポジションは。

>