静寂 意味。 静寂とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

「静寂」の意味とは?類語、対義語や英語、使い方や例文を紹介!

(出典:オー・ヘンリー『罪と覚悟』) ・その音が 静寂の中に消えたと思うと、次の瞬間、すべての音が戻ってきた。 都会というとガヤガヤと騒々しいものですが、そんな中にも静かで趣のある公園が存在するという事です。 そのため、たとえば家族団欒の場で誰も一言もしゃべらないような様子なら「しじま」、 また、森の中で少しの音も聞こえてこない状況を表すなら「静寂」を使うのがより適切だと言えます。 ひとつの表現方法として覚えておくと良いでしょう。 その後、「わびさび」の美意識は中国から伝来した禅宗と結びつき広がっていきます。

>

静寂の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「侘び寂び」って、どんな時に使うの? ・例えば寺社仏閣。 最後にご紹介するのは米アップル社創業者のひとり、スティーブ・ジョブズです。 明るい息吹を感じるあかぬけたその美意識は「綺麗寂び」と呼ばれました。 「しじまを破る」や「しじまの中」などと使われます。 「静寂閑雅」を使った例文 どこに行っても騒々し現代では 「静寂閑雅」という言葉を使う機会もあまりないかもしれません。 まずはそれぞれの意味からみてみましょう。

>

静寂(せいじゃく)の類語・言い換え

歌人を左右二組にわけ、その詠んだ歌を一番ごとに比べて優劣を争う遊び)で「寂び」を用いた和歌を残すなど、古くから使われていたことがわかっています。 内田康夫『斎王の葬列』より引用 使い方2:森のしじま 耳をすましてみたが、森のしじまをかき乱すのは鳥の鳴き声だけだった。 英語: quietness , stillness , 形容動詞• 「幽寂閑雅」 「幽寂閑雅」はとても 「静寂閑雅」に近い意味のある四文字塾熟語で 「ゆうじゃくかんが」と読みます。 酔っぱらいの行動が 「静寂閑雅」をぶち壊してしまったという事になります。 しかし、しじまには「 物音が全くせず静まりかえっていること」、「 黙りこくっていること、無言」と静寂にはない意味も含まれます。 漢字ではどう書くか しじまの漢字表記については、一般的にはその意味である「静寂」と書いて「しじま」や、沈黙の「黙」という漢字一文字で「しじま」と読ませる場合があります。

>

「静謐」の意味と使い方とは?「静寂」との違いや類語・対義語も

静寂な空間などの『その静かなさま』を表しています。 森閑とした• ・ 静かでひっそりしていること。 人の目の無い所でのモラルの低さ、常に抱える苛立ちや諦観。 「静謐の時代」の反対は「騒乱の時代」で表すことができます。 このうちの「閑寂」は『静寂』と同じで、書き言葉として使われる表現の一つです。 (出典:デジタル大辞泉) ・ 閑静(かんせい) 意味:もの静かで、落ち着いたさま。 (水域について)激しい波による騒乱がない の意• 静かな環境にいても、心が穏やかでなければ静謐な時間は訪れないだろう 「静謐」と「静寂」との違い 「静寂」の意味は「静かでもの寂しいこと」 「静寂」(せいじゃく)とは、しんとして静かでもの寂しいことを表します。

>

静寂とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

「しじま」の意味2「無言」 「しじま」には「無言」という意味も持ち合わせています。 粛然たる• 仲間、仲間といいながら異質なものを排除する精神。 「しじま」を使った言葉と意味を解釈 「夜のしじま」の意味とは? 和らげられたトーンで の意• 漢字表記は「志島」「四島」また、非常に珍しいですが「四十万(しじま)」と表記する場合もあります。 閑やか• 閑やか• 千利休の茶の湯における「侘び」 わびさびと聞くと、茶道を思い浮かべる方も多いかもしれません。 寂然たる• 長閑か• 思いわずらうこと、悲しみなげくこと (2)俳諧(はいかい)・茶道の精神で、おちついて、静かで質素なおもむき。 「静寂閑雅」の例文1 「この公園は、都会の中にあるとは思えない静寂閑雅さで落ち着く」 この例文は 「静寂閑雅だ」という形容動詞に、接尾語の 「さ」が付いた形になります。 周囲が森閑とし、ひっそりと静かなようすを表しています。

>

「しじま」の2つの意味と使い方4例|類語3つ・語源

静寂(せいじゃく)のように「静(せい)」が用いられている言葉には、 「閑静(かんせい)・静穏(せいおん)・静観(せいかん)・静止(せいし)」などがあります。 寂寂たる• それぞれ意味も違うようです。 「静寂閑雅」は上記のようなカタチで使われる事もあると覚えておきましょう。 寂寂たる• 「静寂閑雅」の類語や類義表現 せっかく静寂閑雅の意味を覚えたのなら、次は類語や類義表現も一緒に覚えてみましょう。 今回は「わびさび」の成り立ちや、茶道・日本庭園との関係などについて調べてみました。

>

静寂とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

寂寂たる• 「夜のしじま」の語源や由来• 従容たる• 芭蕉の弟子のひとり、向井去来(きょらい)は『去来抄』に「さびは句の色なり」と記しています。 「静まり返って、物音が全くしないさま」「口を閉ざしてしゃべらないこと」「黙りこくって無言でいること」を表す時に使われ、大和言葉がもたらす風流な響きから、文語的な用途で用いられることが多い言葉でもあります。 「静」という言葉を使わずに、「しじま」という表現を用いて、聞き手の想像力やイメージ感を膨らませる効果が期待できます。 扇動されない; 冷静さを失うことなく の意• 森閑たる 雑音または騒動がない; もし音があるとすれば、小さくすること の意• 「閑静な住宅街」「閑静な街並み」などと使います。 寂々たる• 雪に覆われた平原は静謐を湛えていた• 彼は禅に傾倒し、曹洞宗の僧侶を師と仰ぎます。 では最後に、わびさびや禅を本を通して世界へ広めた方をご紹介します。

>