プロセカ 瑞希 性別。 【プロセカ】「アニメイトグッズ」&「初音ミク RAGE 公式グッズ」情報キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!(※画像)

プロセカ『25時、ナイトコードで。』ストーリー感想メモ|kqck|note

呪いは、奏自身がかけたものだ。 全年齢エンタメコンテンツとしてはめちゃくちゃ挑戦的なキャラクター造形だったが、まふゆというキャラクターの芯はストーリーを通じて非常にうまくまとまっていた。 日野森雫のキャラクターランクを30まで上げよう。 花里みのりのキャラクターランクを5まで上げよう。 いっぽう「死にたい」は、生の此岸から死の彼岸を眺望する想いだ。 非存在と死がちがうように、「消えたい」と「死にたい」もちがう。

>

【プロセカ】「アニメイトグッズ」&「初音ミク RAGE 公式グッズ」情報キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!(※画像)

望月穂波のキャラクターランクを30まで上げよう。 2人の価値観や苦悩のレイヤーはまったく異なるものだ。 「消える」だけの強さを持っていなかった。 暁山瑞希のキャラクターランクを30まで上げよう。 2年生キャラクター5人を編成して100回ライブしよう。

>

【プロセカ】称号一覧

2020年の「HAPPY BIRTHDAYライブ 穂波」に参加しよう。 累積で365日ログインしよう。 われわれは皆、朝比奈まふゆなのだ。 というか、 これすらも平然と流せるようになってしまったら、それはもう他者を全く信じられないのと同義だ。 ライフ2000でライブをクリアしよう。 この呪われた共依存関係から、前述した奏の「曲を作る動機」をより理解できる。 コンボを1000以上繋いでライブをクリアしよう。

>

【プロセカ】「アニメイトグッズ」&「初音ミク RAGE 公式グッズ」情報キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!(※画像)

「本当の自分」を見つけるために音楽を作っている(?) しかし、まふゆの「本当の想い」は、「自分を見つける」ことではなく「自分を見つけてほしい」だった。 自分の音楽が最愛の人を自分から奪ってしまったことに絶望し、自分が存在することに我慢ならなくなった奏は、それでも「消える」ことができなかった。 「まふゆを救える曲が書けるまで作り続ける」という奏に対して 「そんなの、もうひとつ呪いを増やすようなものじゃない!」とまふゆは言う。 スタンプを30種類集めよう。 自分のかけた言葉が完璧だったとは思わないけど、それでも瑞希のこれには非常に共感できる。 だから「そんなの、もうひとつ呪いを増やすようなものじゃない!」というまふゆの言葉に 「うん。

>

【プロセカ】「アニメイトグッズ」&「初音ミク RAGE 公式グッズ」情報キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!(※画像)

そういったものに傷つく段階も瑞希はとうの昔に終えている。 どうしようもなく好きになっている自分に気付いている。 暁山瑞希という架空の(実在する)キャラクターの魅力の話だ。 イベント「囚われのマリオネット」のランキング報酬。 東雲彰人のキャラクターランクを5まで上げよう。 ただし厄介なことにまふゆ側が絵名のことをどれだけ理解・信頼できているかは正直微妙なところだ。

>

【プロセカ】「アニメイトグッズ」&「初音ミク RAGE 公式グッズ」情報キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!(※画像)

2020年の「HAPPY BIRTHDAYライブ 彰人」に参加しよう。 奏の根底にあるのは「まふゆを救いたい」という想いではない。 神代類のキャラクターランクを30まで上げよう。 「みんなでライブ」で『SUPER STRA』に100回なろう。 』というユニットの懐の深さを端的に表現している。

>