未知 の 臓器。 オランダでがん細胞の研究中に偶然発見 人間の喉の奥に新しい臓器

人間の体に“未知の臓器”発見、なぜ今? 研究チームの医師を直撃 臓器の“定義”によって今後新たに見つかる可能性も?(ABEMA TIMES)

よって、Tubarial glandsは鼻腔と咽喉の湿潤と保温を担っていると研究者は考えています。 この領域に問題があると、子どもは慢性的な耳の病気にかかりやすくなり、大人は耳管機能不全になりやすく、ちょうど飛行機に乗っているか、耳に水が詰まっているかのように感じることが多くなる、とグディス博士は言う。 次のステップは腫瘍に治療する時に、この新しい腺を回避する方法を見つけることだ。 発見されたのはわずか3. 管状腺は唾液を分泌するため、がんの放射線治療で管状腺が損傷すると、患者の食事や会話に影響を与え、クオリティ・オブ・ライフを損ねてしまう可能性があります。 放射線治療の副作用の原因だったかもしれない ボーゲルはプレスリリースの中で、頭頸部のがんの治療のために放射線治療を受けた人は、口腔乾燥や嚥下障害を経験することがあり、これは「実に厄介である」と述べた。 今回の論文ではこのように前立腺癌の研究でPSMA PET-CTを用いたところ偶然、「唾液腺」である「未知の臓器=管状腺」が発見されたということです。 前立腺だけでなく唾液腺や神経叢でも発現しています。

>

オランダでがん細胞の研究中に偶然発見 人間の喉の奥に新しい臓器

唾液腺のように見える2つの平らな、くねくねとした構造物が存在したのだ。 そして、さらなる研究が新しい治療法につながることを期待していると述べた。 しかし、研究チームがPSMA PET-CTを行ったところ、鼻から咽頭にかけての領域で、唾液腺が集中した2つの領域が対となってはっきりと画像に表示されたとのこと。 そして、治療法を変えていきたいんだ。 オランダの医師は、鼻腔と咽頭の間に隠された、これまで知られていない臓器を発見したのかもしれない。 この新しい構造が大唾液腺であるか小唾液腺であるかを決定するためにはさらなる研究が必要であるが、それでも、はエキサイティングだ、とコロンビア大学アービング医療センターの耳鼻咽喉科医、デビッド・グディス(David Gudis)はInsiderに語った。

>

【衝撃】オランダ人、人体に隠された未知の臓器を発見!「tubarial glands」

・前立腺がんで治療中の患者100人の頭部と頸部のスキャン画像を調べ、男性1人と女性1人の遺体解剖を行った結果、全員がこの新しい臓器を対でもっていた。 医師は通常、放射線療法の実施時に大唾液腺を避けるようにしているが、これまでこの領域を避ける必要があることを知らなかった。 前立腺がん患者をスキャンしたところ、その鼻腔内に驚きの事実があった。 慢性上咽頭炎は原因不明の不定愁訴の原因になることがある。 「我々の知る限り、上咽頭にはその他に最大で1000個の唾液腺が粘膜に広がっているが、それらは顕微鏡サイズだ。

>

人体には未知の臓器があった

論文を発表した研究者は「2020年にこんなものが見つけられるとは思わなかった」と振り返る。 医師は通常、放射線療法の実施時に大唾液腺を避けるようにしているが、これまでこの領域を避ける必要があることを知らなかった。 以下の画像で、青い矢印によって指し示されているのが新しく発見された唾液腺組織です。 今回は未知の臓器が発見されたという論文について。 ============================== category: Recent Entries• 同チームは「tubarial glands」という名称を提案している。 研究者たちは最初、この第4の唾液腺は偶然その患者が持っていたものだと考えました。 (のだろう。

>

「未知の臓器」発見か…耳、鼻、喉の疾患の新たな研究成果に期待

(CNN) オランダの研究チームが、これまでの医学では知られていなかった臓器が人ののどの奥に見つかったとして、このほど医学誌に研究結果を発表した。 研究チームは、この臓器は唾液の分泌に関連しているとみており、放射線治療で臓器が傷つくことで、患者の食事や会話などに影響を与えてきた可能性を指摘している。 院長はそれでも信念をもって、この治療法とやってくれている。 研究チームはさらに、前立腺がんで治療中の患者100人の頭部と頸部(けいぶ)のスキャン画像を調べ、男性1人と女性1人の遺体解剖を行った結果、全員がこの臓器を対でもっていることが分かった。 研究者たちが、患者に注入した放射線トレーサーの行方を「PSMA PET-CT」で追ったところ、全く予期しなかった2カ所が光ったという。

>

【衝撃】オランダ人、人体に隠された未知の臓器を発見!「tubarial glands」

カテゴリー:. ・新しい臓器は唾液腺の組織であった。 トレーサーと結合するPSMAは、前立腺がん細胞だけではなく、唾液腺組織にも多く含まれているため、PSMA PET-CTでは唾液腺も多く検出されます。 「我々の知る限り、上咽頭にはその他に最大で1000個の唾液腺が粘膜に広がっているが、それらは顕微鏡サイズだ。 しかし、手間がかかる割には保険点数が少ない治療法のため、1960年代から日本では行われているが、耳鼻科医ですら知らない人が多い。 更に2人の死体も解剖して同じ臓器があったのを発見。 研究チームは、前立腺がんを検出する「PSMA PET-CT」と呼ばれる画像診断法を使い、前立腺がんの研究を行っていました。

>

オランダでがん細胞の研究中に偶然発見 人間の喉の奥に新しい臓器

「今回、唾液腺の一部だと思われていたものが、実は違う機能だったということで新しい臓器とされている。 鼻腔(びくう)と咽頭(いんとう)がつながる部分の頭蓋骨(ずがいこつ)の中に、未知の腺が隠れているのを発見した。 に発表された研究論文でボーゲルらは、耳管隆起(torus tubarius)に似ていることから、この部位を「管状腺(tubarial glands)」と命名することを提案した。 PSMA PET/CTスキャンの画像 発表を行ったのはオランダがん研究所などの研究チーム。 その後、99人の男生徒1人の女性を調べると、同じ臓器を発見。 この腺が新しい臓器として正式に命名されるには、さらに研究が必要だ。

>

「未知の臓器」発見か…耳、鼻、喉の疾患の新たな研究成果に期待

鼻腔(びくう)と咽頭(いんとう)がつながる部分の頭蓋骨(ずがいこつ)の中に、未知の腺が隠れているのを発見した。 この領域に問題があると、子どもは慢性的な耳の病気にかかりやすくなり、大人は耳管機能不全になりやすく、ちょうど飛行機に乗っているか、耳に水が詰まっているかのように感じることが多くなる、とグディス博士は言う。 研究チームは「Tubarial glands」と名付けています。 病理学に詳しい米ラトガース大学の専門家は「人体にはまだ学ぶべきことがたくさんある。 「まずはこの臓器を確認し、さらに調査をしてきたい。

>