Vixen 天体 望遠鏡。 赤道儀・架台,ビクセン(Vixen) | ネイチャーショップKYOEI TOKYO

Vixen 宙ガチャ 天体望遠鏡プロジェクター|商品情報|タカラトミーアーツ

ビクセンの名前の由来 その由来はとてもメルヘンチックです。 元々は小さいネジが3ヶ所埋め込まれているのですが、そのネジを精密ドライバーで外して、それと同じサイズとピッチで長いネジをコーナンで探して取り付けました。 私はこれから天体写真を始めてみようかとしているところですが、望遠鏡はMEADE EQM-127を所有しております。 EQM-127に付属の接続アダプターみたいなのはありませんでしたかね? もう知っておられるかわかりませんが、下記にVixenの拡大撮影アダプターの説明書のページを貼っておくので一度参考にしてみて下さい。 赤道儀は日本製が良いですね。

>

Vixen 天体望遠鏡 ポルタII A80Mf 恋する小惑星

全体の星像の傾向としては、中心部は色収差が目立たず、すっきりした星像を結びますが、 画像周辺に近づくにつれ星像が扇状に広がり、倍率の色収差が若干目立つようになります。 こんな感じで撮影しています これが2017年7月現在(2019年現在も)の天体写真撮影機材一式のスタイルです。 ファインダー装備 ポルタに搭載される鏡筒はすべてファインダーを装備。 コントラストの高い像 鏡筒内には絞り環 バッフル が3枚設けられ、丁寧にツヤ消し塗装がされています。 クリスマスの夜にサンタクロースのソリを引くトナカイにはそれぞれ名前がついており、その中の1頭を「ビクセン」と言ったそうです。

>

赤道儀・架台,ビクセン(Vixen) | ネイチャーショップKYOEI TOKYO

では、次に赤道儀や三脚について。 その接続アダプターがビクセンのと合うかどうかなんですよね。 従来のレデューサーと異なり、フラットナーレンズとレデューサーレンズを組み合わせた補正レンズで、 35ミリフルサイズ対応になっています。 僕もリングはいろいろ持ってます。 天体望遠鏡本体の形は、ホワイト塗装のシンプルな屈折望遠鏡で、 赤いVixenのロゴマークと、フードに走る青いラインが外観のポイントとなっています。 実際の撮影では、望遠鏡に自作のフードを被せて露対策をしています。

>

Vixen 天体望遠鏡 ポルタII A80Mf 恋する小惑星

このように、星を楽しく見る人が増えるように、天文への 親しみやすい入口を設けていることは、高く評価されています。 ビクセンSD103S 発売開始 2017年6月、ビクセンからED103Sの後継機「ビクセンSD103S」が発売開始されました。 接眼部のがたつき ED103S望遠鏡に限らず、ほとんどのビクセン製天体望遠鏡の接眼部には、フリップミラーと呼ばれる光路切り替え式の天頂ミラーが付属しています。 現在のネット環境にも適した製品を作っており、例えばネットからのダウンロードでソフトウェアのバージョンアップを可能にするなど、他社が導入していないシステムを取り入れているのも特徴です。 工具を内蔵 微動ツマミの位置やフリーストップ式の硬度を調整するための工具を本体に内蔵。

>

ビクセンED103S レビュー

このような補正レンズを使用すると周辺星像が著しく改善するので、 デジタルカメラを使った天体撮影に広く用いられています。 自動追尾コントローラー 自動追尾コントローラーは「スカイセンサー2000PC」を使用しています。 アクロマートレンズですが、焦点距離が長いため月のクレーターもとても綺麗に見えます。 それぞれのレンズの間隔は、一般的な小口径屈折望遠鏡と同じように、 3枚の錫箔をレンズの縁に挟むことで保持しています。 また電子レリーズがあると撮影中か?撮影終了か?後どの位で終了するか?などが一目でわかりますし、何しろ操作が凄く簡単で手早いです。 これを補正するために使用されているのが、フラットナーやレデューサーと呼ばれる補正レンズです。

>

ビクセンED103S レビュー

ビクセンの天体望遠鏡は、鏡筒・架台・三脚のすべてがバランスよく組み合わされています。 古い赤道儀ですが意外と精度が高くて優秀です。 ビクセンは、デジタルカメラを使用して直焦点撮影する際には、フリップミラーシステムの後ろに拡大撮影アダプターを取り付け、 デジカメを接続するように推奨しています。 どれ位の精度かと言うと、焦点距離1000mmで10枚中8枚前後が約1分星が点になる位です。 Vixen社の天体望遠鏡「R200SS」の精密ミニチュアモデル。

>

ビクセンED103S レビュー

また、微動ハンドルの位置を角度45度ごとに調整も可能。 ここまで高感度が使えるとオートガイドがなくても、赤道儀だけで星がピッタリ止まります。 目的の天体を見つけるのがとても簡単です。 海外製品にはギヤの精度があまいみたいな物も結構あるらしく、いくら正確に極軸を合わせてもドンドンずれてしまう赤道儀があるとか。 赤道儀によって付いたり付かなかったりするので、だいたい赤道儀とセットで購入する形が一般的です。 0mm)とかフルサイズ用の大型Tリングとかあります。

>

Vixen 天体望遠鏡 ポルタII A80Mf 恋する小惑星

ビクセンの歴史 ビクセンは、1949年に現社主の個人企業として創業し、当初は光学器の卸販売をしていました。 ビクセンの望遠鏡でもそのまま合うものと合わないものがあるんです。 また、キャラクターの絵柄がかわいいデコレーション用転写ステッカーを付属。 みんなに幸せや感動を届けるトナカイ、その 使者のような会社になりたいという想いを込めて、「株式会社ビクセン」という社名になりました。 トレイ 接眼レンズやカメラなど、小物が置けるトレイを装備。

>