坂元 達裕。 徹底マークは成長の証…C大阪・坂元達裕が目指すのは「点が取れるドリブラー」

坂元達裕(C大阪)が「楽しみ」にする、汰木とのドリブルガチンコ対決!

2月24日、開幕戦の戦で67分から途中出場しプロデビュー。 今節は、守備が堅い広島が相手。 今の好調をキープできれば、自ずと日本代表も近づいてくるだろう。 端役の座にいい感じで収まっている。 確かに前半終了間際にCKからの失点はあったものの、90分を通しては手堅い守備を見せることに成功したといえる。

>

坂元 達裕:セレッソ大阪:Jリーグ.jp

ゆっくり回す時間が作れませんでした。 そこで今回は「【画像】坂元達裕セレッソの山形時代!プレースタイルのドリブルで移籍」と題しまして、セレッソ大阪の坂元達裕選手のモンテディオ山形時代の画像や坂元達裕選手のプレースタイル、特にそのドリブルについて迫ってみました。 ブルーノ・メンデス対ジェジエウ、奥埜博亮対谷口彰悟、松田陸対齋藤学、片山瑛一対家長昭博など、見どころはそこここにあった。 ドリブルはトータルで100m近くに及んだ。 ここ数年、清武は故障に泣き、年間を通じてチームに貢献することができなかった。

>

坂元 達裕:セレッソ大阪:Jリーグ.jp

今はどのような心境でプレーしていますか? 坂元:開幕からドリブルで通用する部分も沢山あって自信にはなっていますが、自分がボールを持ったら複数でマークが付いてきたり、なかなか難しい状況も多くなってきました。 また、ビルドアップの際の緩いパスが狙われ、何度か奪われてシュートに持っていかれた。 湘南戦前、課題に上がっていたのが得点力だった。 対面に位置した小川諒也が「坂元選手がキーマンだと試合前から言われていたので、タイトに行くようにしていました」と話すように、彼のみならず、安部柊斗やレアンドロまでもが激しく寄せてくる。 外から見ていて、自分の似た位置に(西川)潤が入り、参考になる部分もありました。

>

坂元達裕(C大阪)が「楽しみ」にする、汰木とのドリブルガチンコ対決!

身長170cmと決して大きくはない身体ながら、そのハンディを補って余りあるほどドリブルのキレは鋭い。 クラブ 北海道・東北• 「引き分けがここ2試合つづいていたので、今日は勝ち点3が欲しかったですし、チームとして勝てたのは良かったと思います」 試合後、清武は、そう言った。 では、また。 セレッソ大阪の成績や坂元達裕選手のA代表入りについても詳しいことが分かり次第、こちらで追記していきたいと思います。 代表に選ばれることが最終的な目標というよりは、「代表にならなきゃいけない」という気持ちです。

>

【C大阪 vs 広島】J1・1年目を駆け抜ける坂元達裕。飛躍したシーズンのラストスパート

16分にブルーノ・メンデスがカウンター気味にど真ん中から持ち出したときに、右から猛スピードで追い越してラストパスを引き出したものの、相手にボールを引っかけられてしまった。 サブとレギュラーの境界をあえて曖昧にし、多くの選手が出場時間を分け合いながら優勝した。 左ウイングの三苫薫だ。 打てる時はどんどん狙っていきたいと思います」と彼自身も強調しているだけに、ここからが本当の勝負と言っていい。 前節と同様サイドのぶつかり合いは、駆け引きを含めて楽しみです。

>

【坂元達裕】短短パンの理由とプレースタイルの凄さ

サイドバックとしてそれが正解だったかは分かりませんが、結果的に認められてプロ契約を頂けました。 さらにプロになれるかどうかが決まる4年生の時期にケガをしたんです。 プロになれるかどうかの本当に大事な時期で、どうしよう・・・やばいぞ・・・と、とにかく焦りしかなかったですね。 J1再開後、ここまで勝った試合は複数得点を挙げてきたが、ドローになった2試合ではわずか1点しか取れていなかったのである。 その中で、攻守に動きの良さを見せていたのが坂元達裕だった。

>

【セレッソ大阪】プロ2年目、坂元達裕がセレッソの好調を支える。

データがないのでなんとも言えないが、1回のドリブルに費やした距離として、最長記録にあたるのではないかと言いたくなる画期的なプレーだった。 香川選手や乾選手など日本代表選手をずっと見て育っていますし憧れでした。 この山形の指揮官がこの試合の対戦相手である仙台を率いている木山監督という因縁。 代表チームでも個人で突破できるドリブラーは、貴重な存在です。 3月10日、第3節の戦でプロ入り初得点を決めた。

>