エデン 共鳴 編 零 式 4 層 マクロ。 【共鳴編零式4層】あやとり式って何ぞやという方のための解説

【FF14】エデン共鳴編零式4層 軽減案 マクロ:KLSのブロマガ

後半練習はフェーズが先に進みやすいため、予習範囲が短いと「せっかく進んだのに予習が出来てなくて時間がもったいない…」という状態になってしまうと思います。 そして、 1人死んだら即ワイプです。 これ賛否両論あるんですよね・・・ たぶんなんですが、この並びの意図としては詠唱がないD3がギリギリ攻撃が届く位置で攻撃しつつふんばるアレが発動してノックバックが来る直前に自分のポジションへ即移動することでヒーラーもしっかり攻撃できる・・・ということなんだと思います。 この時、ミルン式と異なる点は、 鎖組よりも内側に入って1回目の扇を誘導しなければならないという点(下左図)です。 と運営に言うべきです。

>

【FF14】詰めPT必見! エデンの園 共鳴編 零式 RTAランキング上位PTのプレイ動画考察!

本編: ギミックの細かすぎるポイント補足 予習の範囲について 最初に 「もうすぐ雑魚フェーズを越えて後半行けそう」となった段階で、どこまで予習しておくべきかのアドバイスを少し。 最初の光の波動は玉対象である4名が東西南北へ誘導するので、タワーに乗っている鎖4名はこれに当たらずに済みます。 以下、野良で主流となっている 「DD外周捨て」と「DD内周捨て」をアイシクル南北出現パターンを例に解説します。 あやとり式で最初の図形がリボン型でなかった場合の動き方 さてここまであやとり式を見てきましたが、察しの良い方は「鎖は誰が対象かはランダムなのだから、毎回鎖がリボン型に付くわけではないよね?」と疑問に思ったはずです。 次に2つの緑の鏡の間の外周へ行く様に回避します。 とうとうやってきました共鳴編も4層後半の記事になります。

>

【FF14】エデンの園 共鳴編 零式 4層 『ぼよんぼよんフェーズ』「超」わかりやすく解説(ぼよんぼよん式、ぼよん式、アーサー式)

ここでは、• 玉が付いた4名の玉担当は光の波動を誘導し、その後玉を散歩させて小さくする• 2マーカー : D2,D4• 使用するマクロはPTによって異なるので、実際の動きは流れたマクロに従うようにしてください。 先程ヘイトを取った橙タンクへ向かって進むので、他のメンバーが轢かれないように 橙タンクだけ少し前へ出ておきましょう。 光の暴走の具体的な処理方法についての詳細 光の暴走は処理方法がいくつもあるのですが、この記事ではいわゆる「 あやとり式」というやり方を例に解説していきます。 ここからが重要。 付くタイミングは、鏡からの「 ノックバック攻撃」が来た瞬間に「鏡から近い4人」(1回目は 黄色鏡から近い4人)につくことになります。 「ファイル」タブ>「コピーを作成」から使ってください。 マクロの表記に合わせて、遠隔の方々はマーカー上に置いてください! そして、近接の方々はしっかり玉を取って各散開位置に居るようにしてください。

>

【FF14】エデンの園 共鳴編 零式 4層 『ぼよんぼよんフェーズ』「超」わかりやすく解説(ぼよんぼよん式、ぼよん式、アーサー式)

野良マクロだと上記内容が間違い探しになりやすいですが、安定処理を優先した内容で記載しています。 2人用の塔の処理が終わった時点で鎖も消滅しているので、これ以降は自由に動いてOKです。 (というか黙っていても前方後方往復する近接DPSはいないはず…) 「ドラゴンアーマー」(通称:アク・ラーイ) ここは基本通り「翼がバサァ」したら避けるだけですね。 一番最初に使ったのがスラストであれば、ここでは必ずスラッシュになります。 アク・モーン ヘイト1位と2位のメンバーに頭割り モーン・アファー ヘイト1位のメンバーに頭割り アク・モーン ヘイト1位と2位のメンバーに頭割り モーン・アファー ヘイト1位のメンバーに頭割り アク・モーン ヘイト1位と2位のメンバーに頭割り モーン・アファー ヘイト1位のメンバーに頭割り ㉕ 鏡の国 フィールド外周に赤色の鏡出現 ㉖ ホーリーウィング ボス正面フィールド半分範囲攻撃 ㉗ 鏡からホーリーウィング 時間切れ 前半フェーズで注意すべき攻撃 絶対零度 よくある開幕の挨拶の様な全体範囲が飛んできます。

>

【FF14レイド攻略】希望の園エデン零式(共鳴編) ※攻略用マクロ付き

ダイヤモンドダストからの一連の動き方詳細 ダイヤモンドダストからの技は全部続いているコンボ技のようになっているので、ここまでの攻撃技をまとめて一連の動き方について詳細を見ていきましょう。 「聖竜の咆哮」1回目(通称:生首フェーズ) まず注意点を。 が、色固定と赤固定の勢力が拮抗してしまっている現状なので両方補足しておこうと思います。 回転方向を先にしているのは翼が光るよりも鏡の登場の方が早いためです。 塔、過敏光デバフ、光の津波の複合ギミックを処理していくギミック。 こんにちは!ぺれぐりの()です! 今日はエデンの園 共鳴編 零式 4層 の通称『 ぼよんぼよんフェーズ』の「超」解説を行っていきます! 4層はいくつか難所がありますがその中でも「 え?なんで失敗したの??」となる事が多いフェーズではないでしょうか。 少し位置取り等慣れが必要ですが、火力上げたいPTとかがあればお使いくださいー。

>

【共鳴編零式4層】あやとり式って何ぞやという方のための解説

安置マスのボス側ギリギリに寄っておかないと吹き飛ばしで落ちます。 ちなみに ここで決めた優先度と立ち位置は後半のギミックでも使いますので覚えておいてください。 このような結び方になってしまうと、北塔南塔に入る際、上右図のように横の線が接近してしまい、爆発してしまいます。 今度は鎖担当だった4名が光の波動を誘導しましょう。 それから現時点でクリアしてるような人達で、手伝いに来てくれるような方々はミルン式でもあやとり式でもどっちでもクリアできるような人たちだと思っています。

>