Youtube アルゴリズム。 GoogleがYouTube検索のアルゴリズムを解説。関連性・エンゲージメント・品質の3要素が重要 |SEO Japan by アイオイクス

YouTubeアルゴリズムのアップデートを解剖する(2019年6月版)神木 翔のYouTube Secrets Labo

関連性 YouTubeのランキングアルゴリズムは、関連性を判断する際に多くの要素を調査する。 動画の内容が似ている動画は関連動画に表示されやすい すでにYouTubeチャンネルの運営を開始している方の場合、今からガラッとチャンネルの方向性を変えるのは難しいと思います。 関連動画のアルゴリズムに関しては、YouTube運営側の立場に立って考えてみると理解が進みます。 YouTube向けキーワードツールで探す YouTube向けのキーワードツールで探すことも有効です。 関連動画に表示されるようになれば、自ずと 動画の視聴回数やチャンネル登録者数の増加に繋げることができます。 ただし、チャンネルの視聴者属性が似ているので関連動画枠に~というやり方は、かなり高度なテクニックになってきます。 コメント数・評価数は評価される クリエイターアカデミーには、このような文章が何点か確認できます。

>

YouTubeのアルゴリズムは何を見ているのか?トラフィックで異なる最適化の手順とコツ

なおどれくらいの検索ボリュームが選定の基準となるかというと、一概には言えませんが、集客を目的とするのであれば300以上が基準となると言われています。 品質 YouTubeは品質を判断するために、SEO担当者によく知られている信号を使用している。 HTMLファイルの内にmeta keywordsと呼ばれるタグを記述。 すぐに使えなくなってしまうような小手先のテクニックではなく、本質的なノウハウや考え方を身に付けていけば、YouTubeの関連動画表示アルゴリズムが変更されても、継続的に稼ぎ続けることが可能になります。 長くなる動画の時間 制作する動画の時間を長くするクリエイターの動きは、「YouTubeが推奨エンジンや検索・発見を切り替えてきた(オーディエンスを新しいチャンネルやクリエイターに振り向けてきた)、この2年間とかなり関係がある」と、ファインブラザーズ・エンターテイメント(Fine Brothers Entertainment)のCEOであるラフィ・ファイン氏は語る。

>

再生回数を増やしたい!!Youtubeのアルゴリズムについて!

しかし、いずれのVSEO対策でも過剰な施策はリスクがある為避けるべきです。 動画の視聴時間が伸びることで結果的に広告の露出機会が増え、YouTubeはより収益を得ることができます。 視聴のリテンションは、長めの動画とミッドロール広告への流れを支えている。 このようにYouTubeは日々改善されていますが、いずれまたその裏をかく動画が出てくるでしょう。 スパム行為と誤解されないよう、10~15個ほどに厳選する• キーワードは不自然にならないよう複数回入れると効果的です。 単純に、動画の本数が増えていくことでブラウジング(おすすめ)される数が増えるというのもあります。 パソコン(おすすめはMac)• これは事実ですし、否定するつもりもありません。

>

視聴者激増!アルゴリズムを理解しYouTubeで最適化を行う方法

詳細は公表されていませんが、動画の各瞬間の画像から数値(ハッシュ値)を算出して、同じ値が出てきたら同じ画像だと判断するものだと推測されています。 説明文について詳しく知りたい方は、 こちらをご参照ください。 タイトルと概要文に同じキーワードを入れる• YouTube動画の視聴回数を伸ばすための方法については、下の記事を参考にしてみて下さい。 より広範囲に情報を届けることができる 視聴回数やチャンネル登録者数が増えることで、 より広範囲に情報を届けることができるように、つまりリーチ力が高くなります。 人気記事 人気記事• さて、そんなYouTubeを使ってマーケティングをしていきたいわけですが、そのためには他のSNS同様にアルゴリズムを理解する必要があります。 収益化チャンネルの購入• 面白い動画を作ることも大切ですが、こういった裏側の対策も知っていれば、成功は近くなります。 なぜ、YouTubeでは関連動画対策が重要なのか? 基本的には、貴方がアップロードしたYouTube動画へやってくるアクセスのうち関連動画経由のアクセスがもっとも多くなります。

>

YouTube検索のアルゴリズム!仕組みと上位表示に必須のSEO対策

YouTubeにアクセスする際、ユーザーが滞在している国の情報が優先される• トラフィックソースで「関連動画」を選択すれば、どの関連動画セクションからアクセスしたかを調べる事が可能です。 同社は、YouTubeのようなデジタルプラットフォームや従来型TV向けに動画や番組を制作しているエンターテイメント企業で、主要なYouTubeチャンネルのサブスクライバーは1700万人を超える。 いわゆる「バズる」を重視しており、YouTubeではバズった動画は、「急上昇動画」としてユーザーのフィード画面に表示され、より多くの人に見てもらいやすくなります。 「何でこんな質が低い動画が視聴されてるんだ?」と疑問に思ったデスティンは同じ題名で動画を検索しました。 毎日投稿を行う こちらも断言はできませんが、毎日投稿がアルゴリズム上で評価されるのでは?と推測されています。 ひとつひとつの動画の再生時間を長くすることの積み重ねが大切になるということですね。 それは何度も申しました通り、アルゴリズムにとっては再生回数よりも再生時間の方が重要だからです。

>

YouTubeのアルゴリズムを逆手にとる手口とその目的は?質の低い動画がおすすめされてしまう理由

通常の動画より伸び率が高いと、アルゴリズム上で評価されます。 過剰なハッシュタグは、VSEO対策の面でもマイナスとなってしまう事がわかります。 ・チャンネル名・・・ ・登録者数1000人突破まで・・・ 動画の評価 動画の高評価の割合が多いほどYouTubeに評価されるようになります。 YouTube SEO(動画SEO)の進め方6ステップ YouTubeを使った動画マーケティングを成功させるためにはYouTube SEOが重要ですが、YouTubeでSEO対策を行っていない企業も少なくありません。 無意味に回転する地球儀を挿入したり、内容と関係ないのに雪が降るエフェクトを施したりしているのもハッシュ値を変化させるためです。 そのためGoogle検索と同じように、YouTube検索でも自分の投稿したYouTube動画を上位表示させて多くの人に視聴してもらいたいと思ったら、検索エンジンに自分の動画が良質であることをアピールするためのSEO対策が必要不可欠と言えるのです。

>